喧嘩・トラブル・アクシデント

ママ友にお金を貸したら返ってこないトラブル発生。その原因と対処法とは

2018/09/27

ママ友にお金を貸す。こういった事は金額が少ないものであれば結構頻繁に起きるという人も多いはずです。しかし、金額が少ないと言っても2,3千円くらいまでは、付き合いを壊したくないという思いで貸してしまうという事はあるのではないでしょうか。

私自身もこういったシチュエーションで仲の良いママ友にお金を貸し、その後モヤモヤする展開になってしまいましたので反省と今後の回避方法について整理しておきたいと思います。


ママ友にお金を貸したシチュエーション

ママ友金銭トラブル

まず、お金を貸したシーンですが、決して生活費が足らずという事や借金の返済に困ってお願いされたという事ではありませんでした。

むしろこういった形でお金の工面を依頼されれば夫に相談する等と言って回避もしやすいと思います。

娘同士が仲が良いので休日も近くにイベント等があれば行くような関係性でその日もおでかけをしている最中でした。

ちょっとした限定キャラクターグッズをお揃いで買うことになりましたが、なんとママ友の財布の中が空になっていてすぐに返すから今建て替えて欲しいという事に。

自分の娘も欲しがっていましたし、レジの直前でじゃあ今後にしようとか、相手の娘さんには泣いてもらうという事ができなかったんですね。

相手の家庭環境も良く知っていましたし、2年ほど仲良くしてきましたが、一度もこういった事はなかったので特に気にせず建て替えてしまったというのが、事の流れです。

お金が返ってこなくなった理由は?

お金が返ってこない

これでお金が無事返ってくれば良かったのですが、そうはいかなかったのでこの記事を書いているという事になります。

まず、翌日の幼稚園終わりに複数人のママ友と公園で話している時に、
「昨日借りたお金返さないとねーー」と言われました。

早速、返ってくるので良かったなと思いましたが、財布を持ったまま他のママ友と話し出してしまいました。

まぁまた今度でもいいかと思い、その場を離れましたが、これが良くなったです。気がつけばそのママ友は公園にはいなくなっていました。

それでも、次あった時にくらいにか思っていませんでしたが。

それから1週間ほど経って、いよいよ返してもらわないと気持ち悪いなと思い始め、LINEにて連絡すると、

「えっ、この間返したと思うけど…」

という返答。ここでもう返ってこない事を確信しました。

こっちとしては貰っていない確信はあるものの、「絶対返してもらってない」とまでは言えず、めんどくさくなり、諦めることにしました。

ママ友金銭トラブルの原因

お金がかかる遊びをしない

少し体験談が長くなりましたが、今後のために原因、そして対処法を整理しておきたいと思います。
この記事を読んでくれた方は、もう時すでに遅しなのかもしれませんが、今後のためにも参考にしてみてください。

まず、なんといっても金銭のやり取りはしない事に限りますね。
こんな事になるんだったら、おごってあげた方が余程ましという事が分かると思います。2000円という金額でしたのでその判断もできませんでしたが。

次に考えられるのが、返済日を決めなかったことです。
建て替えた時に、返済日を設定すれば回避できたかなと思いますので、
「うちも現金が残りわずかだから明日には返して欲しい」とか「帰りスーパー寄りたいからすぐATMで下ろせる?」とか、返済について決めるべきでした。

そして、翌日の公園のタイミングで確実に回収すべきだったという3点が挙げられると思います。

すべてママ友という絶妙な関係性が根底に影響していることは言うまでもありません。

他にもあるママ友金銭トラブルが発生するケース

飲食店でのケース

今回は、一時的な建て替えというケースでしたが、調べてみるとママ友金銭トラブルはいくつかシチュエーションがあるそうです。

飲食店でのお会計

飲食店ではテーブル会計というものをルールにしているお店があります。これは、割り勘でレジを打つことになるとスタッフに負担がかかるからという理由が大きいでしょう。

しかし、そうなるとテーブルでは誰かが一度お金を集めなければならなくなります。

「ひとり1200円ね」と始まるわけですが、10人もいれば集める方は大変です。全員が席に座っておとなしく左から順に回収できれば良いですが、店を出る前にトイレに行くや、コートを着る等、ガヤガヤしはじめるのが一般的でしょう。

AさんがトイレにいくからBさんにお金を渡して、幹事のCさんに渡すなんていうシチュエーションはかなり危険ですよね。

勘違いという悪意の無い状況でも、Aさんは払った、Bさんも渡した(払った気になる)、Cさんは誰からいくらもらったか分からない等、混乱しやすいので注意が必要です。

今後ママ友との金銭トラブルを回避する方法

トラブル回避法

今回はこういったトラブルに見舞われてしまいましたが、いくつかポイントがあったと思います。今後二度と同じようなトラブルを回避する為に、回避法を挙げておきます。

建て替えや貸すという事はできないキャラ作り

キャラ作りというと大袈裟ですが、過去に金銭トラブルがあって大変だったからという作り話を用意しておきましょう。
私の場合は事実になってしまいましたが。

子供の為に、同じグッズを買ったわけですが、見るたびにこの一件を思い出し不快です。買わないという選択を今ならするでしょう。

急いで返してもらえるようにする

これは期限を決めるという事になりますが、こちらも現金がないときついから、すぐに返してねと印象づけるという事です。

今回の事は悪気はなかったと思っていますが、翌日財布を手にした段階で何よりも優先して現金を渡すという行動を促すことになってのではと表います。

また、悪気がある人に対しても、余裕が無いと印象づけられれば、面倒くさい事になりそうだなと思ってもらえます。
軽く一言、「いつでもいいよ」なんて絶対言ってはいけませんね。

記憶を曖昧にさせない

私の落ち度は、貸してから1週間以上こちらからはアクションを起こさなかったことです。うるさい奴だなと思われたくなかったというのが本音ですが、いくらでもLINEなどでリマインドできたと思います。

「お金、明日の下校時にお願いね」とか「今日受け取れなかったから明日でOK?」とか気にしすぎずコミュニケーションをとるのがベターです。

勘違いの回避

現金のやりとりというのは印象に残りづらいものです。今回は、私が損した側ですが、本当に返したのに、受け取ってないと思ってしまっているケースもあると思います。

勘違いが原因ですが、これは何か可愛い封筒などに入れて、お礼の言葉も添えて渡すと印象に残りますし、受け取った記憶、袋を捨てなければカバンに封筒が入っている等、疑問が解消する事にも繋がります。

フランクな借用書

借用書と言っても実際に作るのはママ友の関係上難しいでしょう。
建て替えなりが終わったときのレシートを持って、
「じゃあ、これ借用書ねww」くらい言っておけばまた違ったかもしれません。

ママ友金銭トラブルを終えて

こちらが一方的に損をして終わったわけですが、やはり金銭のやり取りはしないのが一番です。そのママとは今でも仲良くしていますが、この記憶が完全に消えることはありません。

2000円で良い勉強になったと思っていますし、逆の立場には絶対ならないようにも思いました。

「人の振り見て我が振り直せ」

自分は他人からお金を借りたこともないですが、これはお金ではなくても同じだと思います。

誰かに何かしてもらったというは当然無償の行為ではありますが、同じく無償の行為が返ってこないと、少し残念な人と思われているかもしれないですよね。

そしてトラブルに見舞われた同志の方は、モヤモヤ、イライラしていても仕方がありません。二度と起きないように対策をしましょう。

スポンサーリンク

-喧嘩・トラブル・アクシデント