喧嘩・トラブル・アクシデント

大人になってからの兄弟喧嘩。原因と仲直りの仕方を知っておこう。

小さいころは兄弟喧嘩をするのが当たり前ですよね。一度も兄弟とケンカをしたことがないという人はいないのではないでしょうか。

また、喧嘩の内容も今思い返せばくだらないものばかりで、「何であんなことで起こったんだろう?」ということばかりだと思います。

ですが、大人になってから兄弟喧嘩をするということもありますよね。そして、大人になってから兄弟喧嘩をすると内容が深くなっていき、中には修復するのが不可能なくらいの自体に発展するケースも少なくありません。

では、大人になってからはどのような喧嘩になるのか紹介したいと思います。


子供時代と大人になってからの兄弟喧嘩の原因

大人になってからの兄弟喧嘩

当たり前ですが、子供時代の喧嘩の原因と大人になってからの喧嘩の原因は違います。

当然大人になればなるほど、喧嘩の中身が濃くなっていきますね。そのため、一度こじれると修繕することが難しくなっていくのが普通です。では、子供時代と大人時代の喧嘩の原因の違いを見てみましょう。

子供時代の喧嘩の原因

子供の兄弟

子供時代に喧嘩をしてしまうことが多いのですが、子供時代は兄弟が仲良く遊ぶ事が多いので自然と喧嘩することが多いのです。

また、兄弟が多ければ多いほど喧嘩する割合が多くなりますね。一人っ子では兄弟喧嘩は起こらないでしょう。子供は自分の感情をうまく抑制することができません。そのため、喧嘩になることが分かっていても喧嘩になる行動や発言を繰り返してしまうのです。兄弟喧嘩で多いのが物の取り合いです。

新しいものを買ってもらったりするとそれが原因で喧嘩になってしまいますよね。そして、中学生になるとおもちゃで遊ぶ事は卒業をしているので、おもちゃの取り合いとかは少なくなっていきます。また、小さいころのように毎日遊んで顔をつきあわせることも少ないので喧嘩の回数が徐々に減っていきます。

また、小さいころよりも感情を抑える事ができるので喧嘩をする状態を回避しようとするので必然的に喧嘩の回数は減ります。

大人になってからの喧嘩の原因

大人に成長しても喧嘩をすることはありますよね。しかし、大人になってからは子供時代に比べて些細なことで喧嘩になることは少なくなっていきますよね。

その反面一度喧嘩してしまうと仲直りすることが難しくなっていきます。なぜこのようになるのかというと、大人になると感情を抑える事が出来るようになるため、我慢していた気持ちが爆発してしまうということがあります。

ずっと我慢していた気持ちが爆発するので、怒りはとても根深いものになり、その憎しみなどは変わることができません。

そして、大人になってから喧嘩になってもめるのに多いのが遺産問題です。これは親がなくなったときに発生する問題なのですが、兄弟間で意見が合わなくなってしまってそのまま兄弟喧嘩になり、それをいつまでも根に持つのが特徴です。

関連:兄弟間で遺産相続トラブルが起こったら…有効な対処法と相続についての基本

この問題に関しては親戚を巻き込みトラブルになる可能性も秘めています。下記記事も参考にしてみてください。

関連:親戚とトラブル・喧嘩になる原因は?トラブルメイカーになるモンスター親戚の見分け方と予防対応策

兄弟が仲良くなるメリットとは

仲の良い兄弟

では、なぜ兄弟が仲良くなるといいのかというと、やはり兄弟なので、家の行き来ができるようになりますよね。

例えば結婚してからも兄弟の家に遊びに行ったり、ご飯をご馳走してもらうなど一生に渡ってのお付き合いができます。こういう家族がいるのは素敵ですし、羨ましがられますよね。また、何かあったら相談ができるのもいいです。相談は友達にもできるかもしれませんが、兄弟だから相談が出来ることもあります。特に親のことなら兄弟にしか相談できないですよね。

やはり、兄弟に相談できるのはとても心強いですし、自分の事を良く知っているからこそ、何かためになることが返ってくることが多いでしょう。兄弟に何でも話せるというのは何かあったときに心強いのでとてもありがたいです。

このように、大人になってからは喧嘩する内容のレベルが深いので喧嘩してどうにもならないなら家族にやってもらうしかありません。また、長年のうらみつらみがあるため、喧嘩しても仲直りをすることは非常に困難です。

大人になってからの兄弟喧嘩の仲直り方法

大人になってから仲直りをするのはとても難しいですよね。小さい頃は喧嘩をしても次の日にはすっかりと忘れてまた仲良く遊ぶということがありましたが、大人になると急に忘れるというのは難しいのではないでしょうか。

ですが、喧嘩をしたまま一生気まずいのは悲しいですよね。では、もし喧嘩をした場合は改善できる方法もあるので、参考にしてください。

素直にあやまる

謝る男性

やはり、仲直りをしたければ素直にあやまるのが一番ですよね。とてもシンプルなやり方ですが、素直に謝ればもしかしたら喧嘩が少なくなってくるでしょう。

兄弟になんて誤るのが絶対に嫌だという人もいると思いますが、あやまれば喧嘩していてもすぐに仲直りできる可能性がありますよ。また、兄弟によっては実は謝りたかったと思っている人も多く、自分からあやまることで「実は自分もずっとあやまりたかった」と思っている場合も多いです。

どちらも謝らずにいるとずっと関係が変わらないので自分から勇気を出してあやまることも大切です。

忘れる

当然ですが、喧嘩をするということは何か原因があります。もし、仲良くしたいと思うなら忘れてしまうのが1番ですね。

ですが、やはり子供ではないので、よほど嫌なことがあればそれをいつまでも覚えているのが普通です。ですが、過去にとらわれすぎていてもいけないので根にもたないで忘れてしまうことが大切です。

どうしても忘れられないと思ったら何か楽しいことを考えて、喧嘩したことを考えないようにしましょう。すぐには無理かもしれませんが、日にち薬でそのうちどうでも良くなってきますよ。

相手が怒っているなら距離を置く

向き合う男性

自分は許そうと思っても相手の方は許してしないということも多いと思います。そういうときは少しの間距離をおいておくことが大切です。

相手が怒っているのに自分たちばかりがグイグイ行動をしてしまうのは逆効果になってしまうので、一度距離を置いて見ましょう。相手もいつまでも怒っているわけではないので、そのうち気持ちも冷めるでしょう。

そして、相手が仲直りをしたいという気持ちがあってから行動を起こすようにしてくださいね。

このように、兄弟喧嘩について紹介しました。外ではおとなしくても家の中ではめちゃくちゃだという人もいるので、出来るだけ小さい子供は載せた方がいいでしょう。

大人になってから喧嘩をしない方法とは

大人になってから喧嘩をするととてもやっかいということが分かったのではないでしょうか。そのため、大人になってから喧嘩をしないことが一番大切です。では、どのようなことをすれば喧嘩にならずに円満にいくのか紹介したいと思います。

譲り合う

もし、友達とかなら気を使うほどの事ではないことで喧嘩になってしまいます。友達なら気を使うのですが、親や兄弟にはあまり使わないので喧嘩になってしまうことが多いです。

そのため、譲り合いの精神で相手のことをおもいやることができれば喧嘩にはならないでしょう。「お前が悪い」など罵り合ってしまうと喧嘩が収集がつかなくなってしまうので、譲り合うことを考えましょう。

自分がひく

もし、喧嘩になりそうなら自分からひくのも一つの方法です。喧嘩をするということはほとんどが意地の張り合いということが多いです。

そのため、もし、何かあっても自分から引いてあげると喧嘩にならなくてすみます。ただ、この場合はものすごくストレスがかかってしまうので、ストレス発散できる方法を考えた方がいいでしょう。このとき自分は悪くないと思っても一歩引く勇気を持つことが大切です。いくら納得いなかくてもここは大人なって対応をすることが大切です。

過去のことでいちいち根にもたない

二人で語る兄弟

大人になってからは過去のことで喧嘩になってしまうことが多いです。大人は感情を抑えてしまうので、何か不満があってもそれをずっと我慢し続けてしまいます。

そして、どこかでその我慢が限界になってしまって爆発してしまいます。こうなったら次に修復することが難しくなってしまうので、爆発する前に対処をするようにしましょう。そのためには過去にとらわれないようにすることも方法の一つです。

過去のことをいちいち覚えて、掘り返していたらキリがなくなってしまうので、過去は過去で割り切って忘れるようにしましょう。そうすれば、喧嘩がだいぶ減るのではないでしょうか。

---

このように、大人がなぜ喧嘩になってしまうのか理由を紹介しました。今現在兄弟と仲が悪いなら何か心当たりがあることがあるのではないでしょうか。

大人になってから一度こじれると大変なことになりますよね。ですが、ずっとそのまま会うことすらないのは誰でも悲しいはずです。

確かに兄弟の関係は難しいですが、出来るだけ円満に行く方法が必ずあります。また、兄弟は必ず強力をしなければいけないことが出てくるので、出来るだけ円満にいた方がいいですよ。

また、仲良くなるためにはあまり、ベタベタした関係をもたない方が良いですね。ベタベタしていると喧嘩になる原因になるので、ある程度距離を持って接するのが円満でいられる秘訣です。

また、連絡を取るのも頻繁ではなくたまにくらいで十分です。今後もずっと仲良くいるために余計な口出しをしないようにしましょう。

結婚をしている場合は相手の家族がいるので、相手の生活に首をつっこまない方がいいです。あくまで別所帯になったということを忘れないようにしてください。相手の家庭の事に口を出すと不仲になる原因になるので、干渉しないのが仲良しの秘訣です。

適度な距離を持って接するようにしてくださいね。兄弟間にもプライバシーがあるので、ある程度の一定ラインを超えないようにすることが大切です。これらの事を踏まえて兄弟で仲良くなる方法を考えましょう。また、兄弟喧嘩は大人になってからすることはありますが、あまりこじれないように考えることが大切です。

スポンサーリンク

-喧嘩・トラブル・アクシデント