お金・投資・節約

家族でできるクレジットカードを活用した節約術とおすすめのカード

2018/09/27

クレジットカードというものは、家族の中でその所有か否かという問題が頻繁にとりざたされます。これはいい意味でもありますし、個人のクレカ管理が悪い場合には、その噂で問題になることもあります。そして、親戚間でのうわさ話になったりもするものです。

ですが、クレジットカード自体はちゃんと個人で利用し運用すれば、なにも害があるものではありません。それは、クレジットカードの個人の管理体制がわるかったというものです。

クレジットカードが家族内でだれが所有しているかという問題は、家族の為にどのようにクレカを利用するかという問題に相応します。クレジットカードはメインでキャッシングに使用するものではないので、ショッピングクレジットの話をメインに、その節約術に一役かう存在として説明します。


家族で使えるクレジットカード

家族で使えるクレジットカード

家族で使えるクレジットカードというものがあります。これは家族専用の主人カードに対して、小分けの家族タイプクレカという意味でもありますし、主人が家族のためのショッピングをクレカで済ますというケースもあるでしょう。クレカというのは、高額出費の際に、大幅な現金を財布にもっていないときに、有効に助かります。

そして、クレカ対応の分割払いを駆使することにより、大型家電でも、即時に購入する事が可能になります。そして、クレジット分割払いでも、その利子をわきまえた分割払いにすることで、家計にもやさしくなるのです。

つまり、クレジットカードを個人的な利用とせずに、家族のための高額出費に備えようと考えればいいわけです。月当たりの出費というものは、家族の全体収入に合わせて、毎月制限されているものです。

ですが、緊急な出費に関しては、月当たりの生計に対して負担があってはなりません。それを翌月払いに回す方法や、その分割払いの利子を調べた上で、賢くクレカを運用していけば、たしかに家計への負担は軽減されます。

よく計算に上るのは月当たりの生計費に対して、どれだけの負担減を計ることができるかというものです。月当たりの収入計算がきちんとできていれば、その支払いの都度に関しても、余裕をもったクレカでの預金引き落としが可能となります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

クレジットカードを活用した節約術

クレカで節約

クレジットカードを利用した節約には、さまざまなケースがありますが、ここでは、大量購入の仕組みを説明します。大量購入というのは、物流や実店舗の中でよくある仕組みです。

これは、量販店が安く販売できる方法でもあります。つまり、大量購入の際には、その商材の単価を値下げる効果があるので、クレカでの出費には、大量購入での通販にあてる方法です。事業者でなくても、個人で家計を切り盛りする場合でも、この一か月あたりや、三か月あたりの大量購入により、ちょくちょくの出費を抑えることが可能となるのです。

つまり、家計の運用として、商材ひとつあたりの単価を下げて、ついで買いを防ぐ方法であったり、一か月あたりの必要計数をまとめたうえで、まとめて購入が可能となるのです。これは大型スーパーでも該当します。

ついでに肉類を寄せ集めて買うよりも、冷凍の肉をブロックでまとめて購入しておけば、その家計への負担を計算すると楽になることがあるのです。ですので、その際の大量品の購入にクレカを使用するのです。そして、クレカによってはそのクレカ特有のポイント制がありますので、ポイントで景品と交換するなどして、節約プラスのものを獲得することができます。

ファミリーカードが発行されるカードがおすすめ

ファミリーカード

おすすめのカードとしては、メインユーザのカードに付随して、ファミリーカードが発行されるタイプです。

これは、メインユーザが優良顧客として登録状態にされていれば、発行されます。大学生のような学生でも、メインユーザの主人の使用法がよければ、発行されるものがあります。そして、その支払いに関しても、引き落とし口座のそれぞれの方法により、自身での明細の確認が容易であったりするのです。

つまり、自身のファミリータイプのクレカの明細を自分の使用量として確認できるようになります。家族間の信頼関係がちゃんとしていれば、その使用に関して、キャッシングまではできないとしても、その仕様限度内としての、クレカユーザが増えることになるのです。

また、そのメインユーザに対しての、支払いにファミリー・カード・ユーザが現金で手渡す場合もあります。ですので、現金払いかカード払いかに関しては、支払いの手軽さという点に特色があるものになり、その支払いが良好であれば、良識あるクレカ使用が可能となるのです。

クレジットカード利用を節約のベースに

節約術というのは、現金生活をしているだけの方法ではありません。節約というかたちに、月当たりの出費と支払いでうまく帳尻を合わせていくのが市民生活になります。

ですので、月当たりの引き落とし出費に関して、うまくクレカを使用すれば、来月に持ち越す初回払いも可能になるのです。一か月あたりの出費はその収入のありかによって左右されますが、クレカは、それを緩和するために使用することができるのです。

つまり、クレカの場合は、初回の支払い時に、購入時の金額のみで、利子が付かないのです。全額一括いにするのは、この月当たりの収入に合わせて展開されると、にわかに節約生活になるのです。もちろん、クレカでの高額出費に関しては、必要最小限のもので、分割にするのであれば、月々の生活を緩和するために使用します。

そのために、クレカで何をいくら購入しているかの明細チェックはいつも必須です。いくら現時点で使用しているかを家計簿に記録し、その来月の支払いに備えましょう。そして、分割ショッピング・クレジットにしているばあいは、それが重なっていないか、そして、いつの時期が支払い完了になるのかを、計算し、月々の生活を楽にしましょう。そしてなるべく、利子が高くつかないような払い方をしましょう。

クレカになにができるかについては、ショッピングの他に、そのクレジット・キャッシングの付帯枠になりますが、緊急な出費に対して、現金を引き出すことも可能です。もちろん、月当たりの使用量全額に対して、制限はあります。

ですが、毎月の支払環境が良好であれば、その付帯枠がアップすることがあります。そして、その付帯枠の数字により、ある程度、余裕ある生活が可能になります。クレジットの信用というものは、いつでも、使用できる権限をクレカ会社から付与されている状態になりますので、現金預金よりも大幅な出費の際には、なにかと助かる予定があるものです。これは、実際に使用しなくても、あると便利なものになります。

付帯枠を増やすには、実際に使用しないことがその権限の良好さを示します。借金とは違う意味になり、借りなければ、それだけ付帯枠が付いていくようなものになります。クレジットの信用性は、家族を守るために、良好に使用が可能となりますので、たとえば子供が事故にあったときなど、急な病院費用にも対応することが可能です。そして、家族を守るという意味でのクレカ使用法には、助かるいわば保証となる場面があるのです。

クレジットカードの信用を守る

クレジットカードの信用を守る

クレカの信用を守るというのは、クレカ・ユーザにとって、慎重に取り扱わなくてはならないものです。そして、その信用力をあげていくところに、クレカ使用の醍醐味があります。

これは、ポイント発行によっても、その使用量の調整の反応を確かめることができます。ポイントによって、景品交換ができれば、ある程度のものが、自宅に届きますので、それで生活を少し豊かにするという考え方もできます。

もちろん、家族の中で、クレカ信用不安で、問題になるケースも世の中にはあります。ですが、家族の急な出費に対応したり、こどもの学用品に実店舗のないような、立地上不便な場所であっても、手軽に購入する事が可能です。この、日本の国内にいたとしても、立地上大型店舗のないようなところでは、クレカの使用は大いに助かる部分があります。また、家族旅行に際しても、現金預金がある分だけ、旅行にかかる現金保有の負担を減らす効果がありますので、その安全面に関しても、クレカは助かる部分が多いのです。

世間では、現金派という流れがありますが、あえて旅行中や、急な対応の際に、高額出費になったらどうしようという不安を払しょくする効果がありますので、クレカ信用度は調整しておきたいものです。

まとめ

家族でできるクレジットカードでの節約術は、大幅な出費には賢くクレカを利用して、その出費を月当たりに制限する方法があり、また、大量購入により頻繁に実店舗に行かない方法というものがあります。

そして、家族用のクレジットカードにおいても、個人の出費を月当たりに家計簿精査で調整していくことで、明るいクレカ・ライフが可能になります。その他の付帯枠に関しては、特に海外旅行に関しては、旅行保険枠がセットになることがあります。その際は、会員費用を年あたり払うかたちにもなります。クレカが家族の中でどのような使用法なるかといえば、たとえば、緊急時のタクシー利用に、クレカ対応で難を乗り切る等の使用法もできますので、ファミリー使用に関しては、子供に持たせたいことでもあります。

全国のホテルに関しても、予約あり・なしの場合のそれぞれに、宿泊が可能になりますので、その使用限度額に応じた使用法で、旅行中のとっさな出費にも対応することができます。

もちろんこれは、高額なホテルという意味ではなく、しかたなくビジネス・ホテルに泊まらなくてはならないばあいに、有効です。そして、そのホテルを選べるという点でも、節約術という意味も入ってきます。ネット予約に関しても、遠隔で端末にクレカを登録することで、節約の幅は広がります。大幅な出費を抑えるという仕組みを家族の安心の為に使いたいものです。

スポンサーリンク

-お金・投資・節約