パートナー・夫婦の変化

妻の「おばさん化」を防ぐ!旦那が出来る対策

2017/06/28

結婚当初は美しかった妻が、最近はやたらと老けて見えると感じる夫は少なくないはずです。もちろん誰もが年齢を重ねるごとに見た目が老けていき、最終的にはおじいちゃん、おばあちゃんと呼ばれるようになります。

しかし妻と同じ年齢の女性が若さを保っている姿をみると、「なぜこれほどまでに異なるのだろう?」と疑問を感じることがあるかもしれません。人の老化の原因は様々ですが、老けて見える原因は主に二つです。一つは体そのものが老いていくこと、そしてもう一つは行動パターンに若さが見られないことです。そのためこの二つを改善することで、妻のおばさん化を防ぐことができるのです。

先にも述べたように、老化は誰もが経験せざるを得ないもので、ストップさせることはできません。

しかしそれを遅らせることは可能です。またおばさんに見られる行動パターンは日ごろの生活習慣を改善することで、若い女性が取るような行動パターンを保つことができます。そして妻がいつまでも若々しく、きれいな女性でいられるためには夫の協力が不可欠です。では妻のおばさん化を防ぐためにできることと、夫がどのようにしてそれに協力できるのかを見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妻のおばさん化を防ぐお手伝い

obasanka1

肌の若さを保つ

女性の見た目を大きく左右するのは肌です。そのためまずは肌の美しさを保つように努力するべきです。肌細胞の大半は水分です。

そのためこの細胞が常に十分な水分を含んでいるよう、心がけることができます。肌細胞への水分供給は、定期的に飲み物を飲むことによって行うことができます。また興味深いことに、体は喉が渇いていなくても水分不足に陥っていることがあります。そのため喉が渇いていなくても、水分を定期的に摂取することが望ましのです。この点で夫は妻におしゃれなウォーターボトルを購入し、水分補給を楽しく行えるようにしてあげることができるでしょう。

また定期的な水分補給をコーヒーやお茶などで行うことはお勧めできません。なぜならこれらに含まれているカフェインは体内の水分を体外に排出する働きを有しているからです。もちろんこれらの飲み物を全く飲まないようにする必要はありません。

ただこれらの飲み物で定期的な水分補給を行うなら逆効果が生じてしまうために、注意が必要です。そのためコーヒーやお茶が好きな女性は、これらを飲み過ぎないようにしなければなりません。しかし夫が目の前でコーヒーやお茶を何杯も飲んでいる姿を目にすると、誘惑に負けて自分もそうしてしまうという女性もいます。こうしたことがないよう、夫も妻の前ではたくさんのコーヒーやお茶を飲むことを避けるようにするべきです。

また肌の大敵は紫外線です。紫外線を浴びるとメラニン色素が生成され、これが肌に蓄積されるとシミができてしまいます。また紫外線を浴びると体内で活性酸素が生成されます。活性酸素には老化を促進する働きがあるために、紫外線を浴びると肌の老化が進んでしまいます。こうしたことが生じないよう、夫は妻に日傘や帽子、それに日焼け防止用グローブなどを購入してあげることができます。

その他の細胞を若く保つ

obasanka2

もちろん肌細胞だけに限らず、体を構成している全ての細胞が若々しくあれば、その人自体が若く見えるのはいうまでもありません。冒頭でも触れましたが、年齢を重ねると老化が進みます。その原因の一つは細胞が作られるスピードが徐々に遅くなり、古い細胞が体の大半を構成するようになるからです。そのため加齢と共に細胞分裂を促す生活を試みるべきです。

まず細胞は睡眠時に分裂を繰り返します。睡眠と若さとがよく結び付けられるのはそのためです。また22時から2時の時間帯は細胞分裂が一番活発に行われる時間帯です。この時間帯に睡眠を取ることによって細胞分裂はさらに活発に行われるようになります。つまり22時には熟睡できるように生活リズムを調整することで、若さを保つことができるのです。この点で夫は率先して早寝早起きの生活を行うようにし、妻もそれに倣うように促すことができます。

また妻が早く眠ることができるよう、夫は仕事が終わって帰宅した後に皿洗いなどの家事を手伝うこともできます。

obasanka3

人の体は成長ホルモンを分泌していますが、このホルモンも若さを保つためのカギを握っています。成長がストップしている成人の体内で作られる成長ホルモンは、体の若さを保つ働きを担っています。

そのためこのホルモンの分泌量を増やすことで、若々しくあることができるのです。このホルモンは運動することによって分泌が促されます。そのため夫は妻を誘って定期的に運動するようにすれば、妻の成長ホルモンの分泌を促すことができます。

また運動を長続きさせるためには、それを楽しいと感じることが必要なわけですが、妻がそのように感じられるように、夫は工夫を凝らすことができます。

行動パターンの改善

obasanka4

いつまでも上品であり、きれいでありたいと思う女性は、年齢を重ねても美しいものです。もちろん上記で述べたような身体的な若さを保つ努力を払っている結果、いつまでも美しくいられる女性もいますが、そのしぐさや行動パターンがおばさんと呼ばれる人たちとは異なるために、美しく見られることがあるのです。

たとえば年齢を重ねると他の人にどう思われるのかが気にならなくなることがあります。そのような場合、平気で化粧をせずに外出することがあったり、お世辞にもきれいとはいえない衣服を着用して家の近くを出歩くことがあります。このような女性であっても、夫の一声で状況が大きく変化することもあります。

「最近買ったワンピース、とてもよく似合っているよ。あれはちょっとラフな印象を与えるものだから、近所を出歩くときに着てみるのはどうかな?」と誉め言葉に提案を含めることができます。

一般的に誰でも異性の前では自分を良く見せたいと思うものです。そして妻がそのような気持ちをいつまでも持続させることができるのなら、夫という異性の前では常にきれいでいたいという思うはずです。

しかし結婚すると妻は夫と一緒に暮らすことになるために、夫の様々な面を目にすることになります。このような状況が、夫への思いに対する変化を生じさせることがあるのです。しかし夫がいつまでもかっこよく、優しい男性であるのなら、妻はいつまでも最愛の夫の前で美しくありたいと思うはずです。それで夫は自分自身を磨き続けるよう、努力するべきです。妻にとって魅力的な男性であり続けることが、妻のおばさん化を防ぐ最も効果的な方法かもしれません。

また夫が仕事を行っている間、妻は家事を忙しく行ってくれます。そして家事がひと段落した後、夕食の準備までの間、ゆっくりとテレビを見ながら甘いお菓子を食べることが習慣になっているという女性もいます。このような習慣は肥満を招くことにつながり、おばさん体型を招きかねません。こうしたことが生じないよう、夫は妻に趣味を持つことを勧めることができます。空いている時間に没頭できる趣味を提案してあげるなら、お菓子を食べ過ぎて肥満体になるという事態を防ぐことができます。

何かを行うとき、サポートしてくれる人が身近なところにいると非常に心強いものです。夫婦の場合、それは配偶者になるわけですが、夫が妻をいつまでも若々しくいられるように助けてあげるなら、妻はそのサポートに喜んで応じてくれるはずです。もちろん夫は巧みな仕方で妻をサポートするべきですが、こうした努力が妻のおばさん化を防ぐことにつながるのです。いつまでも若々しくて素敵な夫婦になるためには、どちらか一人の努力だけではなく、夫婦双方の努力が必要なのです。

スポンサーリンク

-パートナー・夫婦の変化