夫婦生活

出不精の旦那・妻と出かけたい!一緒に出かける回数を増やすことのメリットや出かけ方

2018/09/27

夫婦間での大切な話し合いを二人だけで行うことを好む人は大勢います。確かにそのような会話の内容は第三者に聞かれてしまうと困ることもあるために、内密を保てる環境の中で行うのがふさわしいでしょう。しかし内密な話しだけではなく、いつでも二人きりの状況を作り、会話を行うならどうでしょうか?

遊園地などの施設でデートしたことのある夫婦は少なくないことでしょう。そのとき夫、もしくは妻が楽しそうに話しかけてきたのはなぜでしょうか?もちろん大切な配偶者と一緒にいるわけですから、弾んだ声で話しかけてくるのは当然のことかもしれません。

しかし遊園地の楽しい雰囲気に気持ちが高揚し、いつも以上に口数が増えたと感じる人も大勢いるはずです。このように自分たちを取り巻く環境は気持ちに大きな影響を与え、会話を楽しいものとしてくれるのです。

このような会話は夫婦の絆を強めることに貢献します。そのため仲良く出かける夫婦は円満であるのが一般的です。しかし夕方や夜、そして週末に出かけることは決して楽なことではないでしょう。仕事が終わってからの外出は体力を必要としますし、週末は疲れた体を癒すために家でゆっくりしていたいと感じる人もいます。

では夫婦で出かけることのメリットについて、もう少し見てみることにしましょう。もしかするとこれらのメリットについて考慮するだけでも出かけることの大切さを理解し、行動に移す夫婦が現れるかもしれません。その後、負担にならずに夫婦で外出を楽しむ方法について見ていきたいと思います。


夫婦で外出することのメリット

gaisyutu1

ではまず夫婦で外出することのメリットについて見ていくことにしましょう。中の良い夫婦であっても、その絆を外出によってさらに深めることが可能です。

話が弾む

先にも少し触れましたが外出して楽しそうな人たちに囲まれたり、おしゃれな場所に行くなどすれば気分は高揚します。このような状況は会話を弾ませる要因となります。普段は恥ずかしくて言えなかった感謝の言葉をはじめ、自分の気持ちを上手に言い表すことが容易に感じられるシチュエーションでもありますので、外出時の会話が非常に大きな意味を持つことがあります。

思い出を共有

夫婦で外出し、一緒に楽しい時間を過ごせば思い出を共有することができます。楽しかったことを思い起こしたとき、そこに自分の配偶者がいるなら嬉しくなるものです。こうした状況は夫婦の絆を深めることに貢献しますし、また二人でどこかに出かけたいという気持ちを生じさせます。

ドキドキ感

「夫はいつも疲れた顔をして帰宅する」「妻は自分の身なりを気にせずに家事に忙しくしている」、なんて言葉に同意なさる人は少なくないはずです。確かに結婚し、新たな生活が始まると夫は家族のために忙しく働き、妻は家庭を守るために一日中忙しくしています。それでも外出するときにはお互い身なりに気を配り、おしゃれをするものです。このような配偶者を目にすると、お付き合いしていた頃を思い出し、ドキドキしてくるものです。

「やっぱり私の夫はかっこいい」と妻に思わせるチャンスでもあれば、「やはり自分の妻は美しい」と夫に思わせるチャンスでもあるのです。またこのような外出は夫婦双方がお互いが若く美しくいられるためにはどうすればよいかを考える機会ともなります。

夫婦で気軽にできる外出

gaisyutu2

夫も妻も、普段から忙しい生活を送っています。そのため体力的に外出は難しいと感じることがあります。しかし遠出でなくても、夫婦で楽しめる気軽な外出があります。ではそのいくつかについて見ていくことにしましょう。

美味しいものを食べる

自宅の近くに美味しいものを比較的リーズナブルな価格で食べられるところがあれば、そのようなところで食事を楽しむことができます。夫婦の絆を深める目的の外出でしたら、このような外出も効果的です。美味しものを食べることで気持ちが高揚しますし、夫婦での共通の思い出を作ることになります。

また外食後に妻が「ご馳走様」と夫に述べたり、夫が「いつも忙しく働いてくれているから、今日は少しでも楽をさせてあげたかった」などと述べるなら、感謝の気持ちが伝わるために、このような外食は大きな意味を持つものとなります。

買い物

夫婦で出かけて一緒に何かを行えば、それは立派な外出となります。たとえば買い物のためにスーパーマーケットやショッピングモールに行くことも外出です。恐らく多くの家庭では買い物は妻が担当している仕事でしょう。

しかし夫婦で買い物に出かけることも、楽しいものです。たとえば食品を購入するとき、妻は「今日は何が食べたい?」と夫に尋ねたり、「こっちの食材のほうが新鮮だよ」などと夫が妻にアドバイスすれば、まるで普段の買い物がデートのように感じられることでしょう。

またこのような外出ができるようになったら、今度は異なるスーパーマーケットやショッピングモールに行くことができます。そうすることで新鮮な気持ちを味わうことができ、外出に変化が生じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫婦でちょっと努力してする外出

では今度は気軽とまではいかないものの、一度経験したらこれからも外出したいと感じるようなシチュエーションについて見ていくことにしましょう。出不精の夫、もしくは妻が外出は楽しいと感じてくれれば、こっちのものです。

付き合っていた頃のデートスポット

結婚する前に付き合っていた頃、様々な場所でデートしたはずです。そのうちのいくつかを再び訪れてみることができます。このような場所に行けば昔の思い出がよみがえってくるはずです。

そしてお付き合いしていた頃によく外出し、妻と過ごした楽しい時間について思い出すことができます。このような状況はまた外出したいという気持ちを思い起こさせるために、効果的です。

美しい景色が見れる場所

美しい景色は人の心を動かします。そのため美しい景色が見れる場所に出かけるなら、出不精の配偶者であってもまたこのような景色を見に出かけたいと思わせることができます。一般的には夜景が見れる場所や海や山といった自然の多い場所がよいとされています。このような場所をドライブするだけでも効果がありますので、一度試し見ることができます。

楽しいと感じるその他の外出

外出が楽しいと感じられれば、疲れていてもどこかに出かけたいという気持ちが湧いてきます。そのためには最低でも一度は楽しい外出を経験しなければなりません。その点でお勧めなのが公園や水族館、そして遊園地などに出かけることです。このようなところは訪れた人が楽しめるように造られていますので、こうした施設で遊んだ場合、それは良い思い出として残るはずです。

またちょっとした旅行に出かけることもできます。「旅行にお金をかけるなら、美味しいものを食べるほうがまし」などといっていた人が旅行に出かけ、それ以来旅行好きになったというような話をよく耳にするものです。これまで訪れたことのない地に足を踏み入れることは、想像以上にエキサイティングです。そのような状況を夫婦で経験できるというのは、素晴らしいことでしょう。

状況を考慮してふさわしい外出を

どこかに出かけて夫婦で会話を楽しむことや、同じものを見て感動したり、同じことをして楽しんだりすることは絆を深めるうえで欠かすことができません。そのため夫婦にとって外出は非常に重要な役割を果たしているといえます。

しかし冒頭でも述べたように、忙しい生活を送っている夫婦が頻繁に出かけることは容易ではありません。そのため置かれている状況を考慮し、ふさわしい仕方で外出することができます。

それでも年に数回は遊園地や旅行といった外出を楽しむことが必要でしょう。こうした特別なシーンではさらに夫婦の絆が強まることがあります。そのためこうした計画をしっかりと立てることも重要です。

スポンサーリンク

-夫婦生活