夫婦生活

デジタル家電を有効に使って家事負担を減らそう!時短をして家庭をもっと豊かに!

家は家族の生活のベースであり、生活の質は家によっても大きく異なって来ます。では住みやすい家の条件にはどの様なものがあるでしょうか?

価値観によっても少し理想の家は異なるでしょうが、家族の自由な時間を思い思いに過ごせる空間と家族団らんを楽しめる空間のバランスが取れた家、くつろぎが得られる家、そして親しい人を呼びたくなるような家など様々な条件が上げられるでしょう。
また幼い子供さんの居る家庭では安全に配慮された家である事も大切でしょう。

さらに忘れてはならないのが、家事負担を少しでも軽減できる家である事です。本記事では特にこの家事負担を少しでも軽減できる家について考えたいと思います。

デジタル家電の利用で時短をする必要性

家電を有効に使って家事負担を減らそう!

家電は、どんどん便利になり家庭忙しく働くお母さん支えてきました。
家電の目覚ましい進歩は、家庭の生活を豊かにして日本の家電は世界中でも愛されています。

三種の神器とされたテレビ、冷蔵庫、洗濯機 は今では当たり前となりより優れた商品の開発、さらには いかに短い時間で達成するかという新しい目標に移っています。

なぜ今日、デジタル家電の時短の必要性が求められているのでしょうか。デジタル家電の必要性について考えてみましょう。

共働きが多くなった

以前は男性が外で働いて、女性は家で家事をするというのが当たり前でした。

しかし今では、女性が外で働くことが普通になりました。このことによって、結婚以降も、夫婦共に働くことが多くなってきたようです。

共働きのメリットは、それだけ収入が安定しますが、家事を分担しなければならず働く時間重なると、家事がうまくいかない場合があります。
家事は、洗濯や掃除、料理など大変時間がかかる作業です。ですから、洗濯物を溜め込んでしまったり、家の掃除ができなくて家の中が片付かないといった状態が長く続くこともあるようです。

デジタル家電を利用することによって 、家事の時間が短くなり共働きが可能になっているのです。

関連:夫に家事はどこまでお願いする?気分よく分担する為の方法

核家族が多くなった

昭和の時代であれば、たとえ両親が働いていてもおじいちゃんおばあちゃんが孫の面倒を見るということもできました。

それは、家族が大家族が当たり前の時代であって、助け合いながら生活をすることが日本の家族のあり方でした。

しかし、家電が進歩するにあたり一人であっても生活できるので自然と大家族がなくなり核家族化になってきました。これだけ見ると、家電の進歩によって人間関係が稀有になってしまったと感じるところもありますが、しかし逆に捉えれば、体調を崩して体が弱ってるときも、優れたデジタル家電によって 生活に困ることがないということも言えるのです。

子供の送り迎え

昭和の時代であれば、集団登校が当たり前でした。

しかし今では、子供の減少から集団登校がなくなり、一人で登校することが珍しくありません。

ある程度、大きくなれば心配はないのですが、小さいうちはやはり危険もあるので親が送り迎えすることも珍しくなくなりました。

そうすると今までなかった家事の負担が多くなってしまい、兄弟が多ければ多いほど負担になるということもあります。

子供が小さかったり、たくさんいたとしても、今まで通り家事ができるようにデジタル家電は今の社会では必要性が高くなってるのです。

高齢化社会

昭和の時代から経済発展し、日本全体がとても活気がありましたが人口減少がさらに悪化して、 日本の高齢化が問題になっています。

高齢者を支える若い人たちがいなくなっている状態の中でデジタル家電は非常に必要性が高いのです。

毎日の家事は、非常に体に負担がかかります。高齢者となれば、想像以上の負担になるのです。核家族となり 高齢者は助けてもらうことはできないのでその手助けとしてデジタル家電なしでは 生活ができないと言っても過言ではないかもしれません。

女性の一人暮らしが多くなった

女性の社会進出の目覚まし中、女性が活躍する姿は、若い女性にとって目標すべきものかもしれません。

しかし、ひとたび社会に出れば、男性と分け隔てなく働かなければならず体力がない女性にとって、家事まで手が回らないといった最も多いようです。

夜遅く家に帰って、ご飯を作る気力もないと言った時に、時短で料理ができればこんなに嬉しいことはありません。

今の働く女性にとってデジタルか家電は切っても切り離せない存在になっているのかもしれません。

家事を時短できるデジタル家電とは

家事を時短できるデジタル家電とは

最近のデジタル家電は 、高性能で驚くばかりです。
時間が短く、さらに性能が高いので毎年繰り返される新商品の発売は、 非常に注目されています。
特に人気のある時短可能なデジタル家電について紹介しましょう。

時間が短くてもよく汚れが落ちる食器洗浄機

時間が短くてもよく汚れが落ちる食器洗浄機

家事のなかで一番苦手とされるのが、洗い物です。料理を作るのは良いけれど、その後の片付けが面倒だという方がとても多いです。

やはり汚れたものを綺麗になるのは気持ちの良いですがそれを自分でやるとなると、気が重くなるのも分かります。

しかし、そのお皿を汚れたまま入れるだけで洗ってくれる食器洗浄機は、主婦の味方です。ボタンを押すだけで洗ってくれるのですから、とても助かりますます。

また、冬場は特に手が荒れてしまうので、手荒れがひどくなっている主婦はとても助かるはずです。発売当初の食器洗浄機は、汚れがひどい時にはなかなか起きない時もありましたが、現在の食器洗浄機は非常に優れていて、かなり強い汚れてもしっかりとしてくれます。それだけではなく食器洗浄機の時間が短くなっているのも注目すべき点です。

食器洗浄機の時間が短くなるということは、それだけ食器もたくさん買う必要がないのです。
収納などで、食器をキッチンに置くことができないと悩んでいるご家庭も多いと思いますが、必要最低限の食器であればいいというご家庭であれば、今までの食器を半分にすることも可能でしょう。

外にいてもスマホで動かすことができる洗濯機

外にいてもスマホで動かすことができる洗濯機

スマートフォンは、今では欠かせない存在になりました。
スマートフォンというと電話だけでなく、写真が撮れたり動画が見れたり非常に便利ですが、さらに注目な使い方としてIotの技術があります。人と物をつなぐ技術のことで家にいなくても遠隔操作で家電を動かすことができる技術です。

真夏や真冬に家に帰ってゆっくりできるように、遠隔操作でエアコンを時間設定すれば、家に着いた時には快適な室温になっているというものです。 それはエアコンだけではなく、洗濯機も可能です。
家に着いた時には洗濯物が終わっているということも夢ではない時代になったのです。ロボットの家政婦を雇ったような便利な社会がもうすでに訪れているのです。

誰もいなくても勝手に掃除してくれるお掃除ロボット

誰もいなくても勝手に掃除してくれるお掃除ロボット

家の掃除は非常に重労働です。家事の中でもつい後回しにしてしまいたいかたも多いのではないでしょうか。そんな時にとても助かるのがお掃除ロボットの存在です。ボタンを入れれば後は自動的に掃除をしてくれるのです。

家を長く留守にしたとしても、ロボット自身が充電をするので電源を止めるまで半永久的に掃除をしてくれるのです。

床の掃除はロボットに任せて、机の棚などさっと拭くだけで、全ての掃除が終わってしまう、そんな時代になりました。

調理家電

野菜の調理も

調理家電に関しては、2つの考え方が出来ます。料理が好きで、なおかつ手作り料理を家族に作ってあげたいと考える方には、多機能タイプのハイグレードなオーブンレンジを活用して時短をする方法があります。

料理が得意で、料理を作る事は苦にならないけれど、時短したいと言う際にお勧めです。しかしコマーシャル等で便利だとの印象を受け購入したものの、結局宝の持ち腐れと言う結果になる事も多い家電です。
これを購入して、料理のレパートリーを広げようと考えられる方に失敗される方が多く、決して安いものでhないので十分に考えて購入されるのが良いでしょう。
共働きの家庭の主婦は、休日は別にして、やはり何品もすべて食材から手作りという訳にもいかず、お惣菜と言った中食や冷凍食品やレトルト食品に少し手を加えて利用したり、調理のスタイルもマチマチです。

調理スタイルを考えると、調理家電は多機能より単機能の方が向いている方も少なくないのです。
収入が多くて少々無駄が許されるなら別ですが、限られた予算を振り向けるなら、キッチン用の家電としては、多機能のハイグレードなオーブンレンジよりも食器洗い乾燥機を先に購入される方がお勧めです。

スマホ連動のデジタル家電

スマホとネットワークを構築し、遠隔で操作が可能な家電も増えています。真っ暗な家に帰り、電灯をつける侘しさを取り除くために電灯を帰宅前にONにしたり、夏の暑い日には帰宅前の30分程度にスイッチを入れて、部屋を快適な温度に下げると言った簡単な操作だけでも非常に便利です。

これからは益々スマホとの連動で可能な機能が家電にも増えるでしょう。しかし複雑な操作になれば便利だけれど面倒だと使わない事も増えるはずです。
これも多機能のオーブンレンジと同様で、面倒がらず使い続けるかを良く考える必要があると言えます。

時短で余った時間を有効利用しよう

デジタル家電で 時間を有効活用することが可能になりました。

今まで家事に全て時間を取られていた方にとってうまく利用するれば今まで以上に楽しい生活を送ることも可能なのです。
時短で余った時間の有効活用について考えてみましょう。

外食

デジタル家電を使うことによって、夫婦の時間や家族の時間に回せることが可能になりました。
仕事が忙しくて普段、ゆったりとした時間を持てていないことで家庭内がギクシャクすることも、時間にゆとりがあればトラブルもなくなってきます。

もし時間が作れたら、外食に出かけると家庭の雰囲気がとても良くなります。やはり、いつも家事で忙しく、家に出ていないことでストレスを感じている主婦にとって、外に出ることが非常に気分転換になるのです。

外食に出かけてる間も、IoT の技術を使えば、家事を手助けしてくれるのです。

旅行

デジタル家電のIoT の技術で、長期の旅行も可能になりました。注目すべきは、旅行から帰った後です。着替えを持っていくため、洗濯物が一気に多くなります。旅行でストレスを発散しても、一気に家事が増えてしまうのです。

しかし、最新のデジタル家電で、時間をかけずに一気に家事を終わらせてしまうことできるので、旅行から帰った後もストレスを最小限にすることはできます。

新しいことに挑戦する

高齢化社会で、第二の人生を豊かに送りたいと思っている方も多いと思います。そんな夢を叶えてくれるのがデジタル家電の技術です。

新しい習い事をしたいけれども、家事が忙しくてそんな時間はないと嘆いている方も多くいらっしゃると思いますが、デジタル家電で時短が可能になれば自分の時間を大切することができます。

今までのように家事ができなくて、ストレスを溜め込んでしまっている方方や定年退職して毎日、夫の食事を準備しなければならないというストレスにもデジタル家電での利用で楽しく生活することは出来るのです。

実家に帰る

核家族になって、孫と会えないと嘆いているご家族も多いと思います。

しかし今では、家事をデジタル家電に任せることができるので実家に招き入れることや、実際に行くことも可能になりました。移動手段は、車なのでそれほど負担にならず、時間さえあれば出会える可能性は高くなっています。

今までは時間がなくて会えないということも多かったのですがデジタル家電を積極的に取り入れることで、行動範囲もとても広くなりました。

積極的に行動すれば、今まで以上に楽しい時間を過ごすことが可能になっているのです。

仕事に使える時間が増え、収入も上がる

日本経済は、良くなっていると言われていますが実際のところは、一部しか給料が上がっていないと耳にします。

仮に上がったとしても、日本の成長期と比べると、比べ物にならないくらい給料が下がっていますし、共働きでなければ生活ができないと嘆いているご家庭でもたくさんいらっしゃいます。

特に、子供がいるご家庭では、お金がかかるので、仕事をしっかりしなければ生活が出来ないとという現実もあります。 働けるうちに働いて、お金を稼ぎたいという場合であっても

デジタル家電の利用は非常に有効的です。仕事内容にもよりますが、IT革命以降パソコンでの仕事が多くなり家で仕事もできる時代になりました。家事に時間を、仕事の時間に回すということもできるのです。

今は一生懸命働きたいという願いも、デジタル家電は叶えてくれるのです。 デジタル家電は、これからも進歩を重ねて、我々の生活を支えてくれるでしょう。

時短で可能になった有効な時間を、何もしなければ無意味になってしまいます。
最終的には、その時間を無駄にしないでどのように楽しい時間に変えて行くか行動することが一番大切かもしれません。

家の環境改善については是非、次のおすすめ記事も読んでみてください。

関連:旦那が帰りたくなる家作り
関連:自分の部屋が無い!狭い部屋での夫婦の過ごし方

スポンサーリンク

-夫婦生活