喧嘩・トラブル・アクシデント 夫婦生活

夫婦喧嘩を長期化させない工夫と仲直りのきっかけを作る方法

どんなに仲の良い夫婦であっても、夫婦喧嘩の1度や2度はあるはずです。赤の他人がひとつ屋根の下に暮らすのですから、喧嘩をするのは当然だと言えます。

しかし 、喧嘩ばかり続いてしまうと、最終的には離婚になる可能性も高いのでフォローが必要になります。それが仲直りをするきっかけを作る方法なのです。

夫婦喧嘩をしても仲直りをするきっかけを作る方法について紹介します。

まずは、どんなことで夫婦喧嘩になるのか、その原因について考えてみたいと思います。

夫婦喧嘩の代表的な理由

夫婦喧嘩の長期化

夫婦間で起こる些細なことの積み重ね

夫婦間では、毎日些細なことで喧嘩になることが多いです。 新婚カップル場合は、相手に気を使っているのでストレスを感じることになったとしても、理性でそれを抑えようとします。

しかし結婚生活が長くなるにつれて、慣れが生じて、今まで溜まっていたストレスが抑えられなくなり、喧嘩に発展しまうことが多いです。

特に問題ではない、些細なことであったとしても自分が気に食わなければ相手にあたることもあるのです。

相手が失敗したことによる怒り

どんなに努力して、一生懸命やったとしても、失敗をすることもあります。相手が他人であればあるほど、相手との距離があるので理性が働きやすく怒りを感じることも少ないでしょう。

しかし、夫婦と言うなんでも言い合える関係になればなるほど相手が失敗した時に、自分の感情をぶつけやすいものです。大きな失敗はもちろん、小さな失敗であっても怒りをあらわにする夫婦も珍しくありません。

子供の教育に対する考え方のずれ

夫婦になり子供が生まれると、夫婦の関係が少し変わっています。
結婚して間もない時は、相手のことを思いやって生活をしていますが子供が生まれると同時に、感情が子供に向きます。

子供の将来を考えて、夫や妻がそれぞれの考え方を子供に押し付けようとします。

共通している考え方であれば、夫婦の喧嘩は少ないですが、子供に教育に関する価値観が違うと大きく、夫婦喧嘩は多くなることもあります。

浮気

浮気を追求される夫

夫婦間中で、一番問題になるのか浮気の問題です。

以前では、男性が浮気をすることが多かったですが最近では、女性の浮気も多くなっています。

これは、女性の社会進出が一つの要因になっているようです。今までは、男性社会だったのでお金を持っている男性が自由に動くことができて、家庭の中で一番力のある存在だったことも関係しています。

しかし今では、女性も働く時代になり自分で稼げるようになれば男性と同様に浮気をすることも可能になったのです。

また、浮気に関して以前よりも世間体を感じなくなったのも要因の一つです。浮気問題の原因で、喧嘩が絶えない生活になってしまったという話は今と昔と変わりませんが、その内容が多少変化しているようです。

経済的な問題

結婚してからまもない時には、 お金よりも愛情と考えていた夫婦も年を重ねるごとに、お金のことで喧嘩になることが多くなります。

夫婦になって生活をすれば、毎日のやりくりで頭を抱えることになります。稼いでくる給料は一定ですから、納得できない趣味やパートナーに断りもなくお金を使い過ぎてしまって喧嘩になるということはよくあることです。

子供がいるとなると、それ以上にお金のやりくりは大変になりますから日頃のストレスも重なって、夫婦の喧嘩が絶えないこともあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コミュニケーションは夫婦喧嘩の長期化予防に不可欠

夫婦のコミュニケーション

夫婦喧嘩が長引くと次第に夫婦間の会話がなくなり、最終的には配偶者にどのように接したら良いのかさえわからなくなってしまうことがあります。

中には仲直りをしたいと感じてもあまりに長い間口をきいていなかったために、「ごめんなさい」の一言さえ言い出せないという状況に陥ることさえあります。

関連:夫婦喧嘩から無視が続いている。放っておくとどうなる?

このような気まずい思いを経験したくないのなら、夫婦喧嘩をなるべく早めに解決しなければなりません。

では配偶者の言動に怒りを感じたとき、どのように自分を制して問題を解決できるのでしょうか?その方法のいくつかを見ていくことにしましょう。

仲の良い夫婦は普段から良くコミュニケーションをとっています。ではなぜコミュニケーションは夫婦喧嘩の予防に役立つのでしょうか?その理由は下記の通りです。

相手を良く知ることができる

物事に対する考え方は人それぞれ異なります。これは夫婦に対しても言えることです。恐らく配偶者に対して怒りを覚えるシーンのほとんどは「何でこんなことも理解できないのか」と言った思いや、「こんなことをするなんて、考えられない」といった気持ちによるものでしょう。

しかし冷静になって考えてみると、このような怒りは自分中心に物事を考えているゆえに湧き起るのであり、相手の気持ちを理解していれば生じることはありません。

たとえば配偶者が自分のことを思ってある種の行動を起こしたとします。しかしそれが思う様にいかず、失敗に至ったときに「何をやっているんだ」と吐き捨てるのであれば、配偶者は気持ちを害してしまうでしょう。それとは対照的に配偶者はどのような動機に基づいて行動したのかを考えるなら、怒りを退けて夫婦関係を円満に保つことができます。

配偶者の動機を理解するためには、自分中心で物事を考えることがあってはなりません。先にも述べたように、結婚は文化や育ち、そして個性の異なる人が一緒に生活することですので、「自分だったらこうする」という考え方に固執することがあってはならないのです。「自分の配偶者は何を考え、どのように行動するのか」といったことを常に知っておく必要があるのです。この点でコミュニケーションは大きな役割を果たします。

信頼関係が生まれる

夫婦の信頼関係

配偶者と良いコミュニケーションをとるためには会話が不可欠です。たいていの場合、会話の糸口は気遣いや感謝の言葉で始まるのもです。たとえば夫が仕事から帰宅し、妻に対して「ただいま。今日はどんな一日だった?」という言葉で会話を切り出すとしましょう。
すると妻は夫が自分のことを気にかけていることを実感し、何でも話してくれます。逆に妻が帰宅した夫に対して「お疲れ様。仕事どうだった?」と質問すると、夫は妻の優しい一言を嬉しく感じ、話し始めることでしょう。

また夫婦が一日の出来事を包み隠さず話せば、配偶者がやましことを何一つ行っていないことを実感できます。このような状況は夫婦の間に信頼関係を生じさせます。信頼関係が培われていれば、仮に配偶者の言動に怒りを感じることがあっても、それが衝動的なものであったり、単なる意見や感じ方の相違であることを理解できます。

その結果、怒りがいつまでも収まらなかったり、夫婦喧嘩が長期化することはありません。

ときには勇気も必要

夫婦関係を専門に研究している専門家、ジョン・M・ゴットマン、そしてナン・シルバーは「結婚関係を永続させるには,勇気と決意とめげない心が必要である」と述べています。場合によっては単なる会話だけでは配偶者の考えを理解できないこともあるでしょう。そのようなとき、勇気を出して「なぜあんなことをしたの?」と単刀直入に尋ねることが必要です。

配偶者の行動を理解できない状況がいつまでも続くと信頼関係が軽薄になり、やがて不満が爆発してしまいます。このような状況を避けるためにも、必要な場合は率直な質問を投げかけるべきです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫婦喧嘩を解決させる言葉と長期化させる言葉

夫婦喧嘩を長期化させる言葉

言葉と行動は配偶者の怒りを招くことがあります。逆に言葉と行動により、配偶者の怒りをなだめることも可能です。ではどのような言葉が夫婦喧嘩に影響するのか、この点を考慮してみましょう。

簡単な言葉で夫婦喧嘩を解決

実のところ、簡単な言葉を述べるだけで夫婦喧嘩の長期化を防げることがあります。

たとえば「ごめんなさい」という言葉です。夫婦間で意見の相違が生じ、どちらも自分が正しいと言って譲らないのであれば、状況は平行線を辿るにすぎません。しかしどちらかが折れれば、夫婦喧嘩はすぐに終わりを迎えることができます。

もしかすると「ここでごめんなさいと言ってしまうと、相手が調子に乗るかもしれない。今後のためにも、絶対にごめんなさいは言わない」と決意することがあるかもしれません。

しかしこのような強情さは夫婦喧嘩の長期化を招く可能性があり、問題が想像以上に深刻化することがあります。このような状況を経験するよりも、素直に「ごめんなさい」と謝ったほうが良いのは言うまでもありません。

中には自分の非を認めているものの、「ごめんなさい」と言う勇気がないという人もいます。このような人はメールで自分の気持ちを伝えることができるかもしれません。また主婦の立場であるなら、夫の好きな料理を準備して帰宅を待つというのも一つの方法です。

また子どもがいるのであれば、子どもを伝達係として配偶者に「ごめんなさい」を伝えることもできます。当然のことながら一番効果があるのは面と向かって謝罪を述べることですので、間接的な方法で誠意が伝わらない場合は意を決して自分の口で「ごめんなさい」の言葉を述べるべきです。

また「ありがとう」という言葉にも大きな効果があります。もしかすると「自分は何もしていないのに、なんだか配偶者の機嫌が悪い」という状況を経験したことがあるかもしれません。多くの人は自分が配偶者に対して行ったことに感謝の言葉を述べてほしいと感じています。

しかしその思いに気づかず、配偶者の気遣いに対して感謝の言葉を述べないのであれば、気分を害してしまうことでしょう。そのためどんなに小さなことでも配偶者が自分に行ってくれたことに対して「ありがとう」と述べるなら、夫婦喧嘩の種をまかずに済みます。

配偶者が気にしていることは言わないようにする

配偶者が気にすることを言う

自分にとっては些細なことであっても、配偶者にとっては大きなダメージとなる言葉があります。たとえば妻が夫を他の男性と比較し、「お隣の旦那さんの給料、すごく高いんだって」と言ったとしましょう。

このような言葉を自分に対する嫌味として受け取ってしまう男性がいます。また同僚が自分よりも先に昇進したり、出世できずに悩んでいる男性の場合、妻のこのような発言は大きな怒りを生じさせ兼ねません。

また妻に対して夫が「太ったね」とか「昔のほうがきれいだった」などと言った場合、怒りを感じる女性もいます。

もしかすると夫は軽い気持ちで言ったのかもしれませんが、容姿を気にしている女性にとっては大きなダメージとなる言葉です。こうした言葉によって夫婦喧嘩が生じ、それが長期化することもあるのです。

親しい中にも礼儀あり

多くの人は家族であるがゆえに、配偶者に対して思ったことを何でも言ってしまう傾向にあります。

しかしそうした状況が夫婦喧嘩の発端となり、場合によっては長期化して深刻な問題を招くことになります。この点を考慮し、たとえ配偶者であっても相手が傷つくような発言は避けるようにするべきです。

また知らず知らずにうちに相手を傷つけていたのであれば、「何か傷つくようなこと言った?悪気はなかったんだけど、不快な思いをしたのなら謝るよ」と言って素直に自分の非を認めるべきです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

深刻な状況を招き、夫婦喧嘩が長期化するケース

夫婦喧嘩が長引くとき

場合によっては夫婦間の問題が深刻なものとなり、それが長期にわたって解決できないという状況も生じます。ではどのようなケースでそうした問題に陥ることがあるのか、また気をつけるべき点は何なのか、これらの点について見ていきましょう。

子どもの教育

夫婦にとって子どもの教育は最大の関心事の一つです。そのためこの点における夫婦間の意見の相違は、長期化する夫婦喧嘩に発展し兼ねません。配偶者の一方が子どもに高等教育を受けさせたいと考えているものの、その一方が賛成しないケース、配偶者の一方が子育てに全く関与しないケース、そして子どもが親の言うことを全く聞かず、その責任を擦り付け合うといった状況で生じた夫婦喧嘩の場合、簡単に解決しないことが多々あります。

「夫は仕事を行い、生活に必要なお金を稼ぐのが主であり、子育ては妻が行う」と考えるのは間違えです。子どもは父親、そして母親双方の助けを必要としています。そのため子どもが生まれる前から、「子どもは夫婦で育てるもの」という点をしっかりと理解しておくべきです。

配偶者以外の異性と親しくなる

これは夫婦間に大きなダメージを与える重大な出来事となります。たとえ一線を越えないとしても、自分の配偶者が他の異性と親しくしているのを知って心地よく感じる人はいません。そのためこうした感情を常に心に留めておく必要があります。

またこのような言動は配偶者に対する信頼関係を失わせる要因ともなります。配偶者が信用できなくなると様々な問題が生じるようになりますので、今後のことをしっかりと考えて行動すべきです。

子どもの前での喧嘩はNG

長期化する夫婦喧嘩は夫婦のみならず、子どもにも影響を与えます。夫婦の仲が悪いとそれを見ている子どもが結婚に対する嫌悪感を抱いてしまったり、安らぎを生じさせる場所がどこにもないと感じてしまうことがあります。もちろん夫婦喧嘩は早急に解決されるべきですが、万が一長引いてしまう場合は子どもの前で言い争いをしたり、配偶者をののしるような発言は避けるべきです。

関連:子供の前で夫婦喧嘩をすることのメリット・デメリット

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スムーズに夫婦喧嘩から仲直りする方法・コツとは

夫婦の仲直り

夫婦喧嘩は、生活をしていれば必ず起きることです。これから結婚を考えているカップルは、あまり聞きたくないとは思いますが全く喧嘩をしないで結婚生活を送ることは不可能に近いかもしれません。

夫婦喧嘩がきっかけで別れてしまう夫婦も実際にありますが夫婦喧嘩をしたからといって、必ずしも夫婦が別れるわけではないのです。

問題なのは、喧嘩をしても仲直りできるかが大切なのです。では早速夫婦喧嘩の仲直りの方法について紹介したいと思います。

仲直りの雰囲気作りをする

些細なことで夫婦喧嘩になった場合、ちょっとしたきっかけで仲直りできることが多いです。ですから、ある程度時間が経ったら仲直りできるように雰囲気づくりを大切にすることです。

人間の怒りというのは、長くは続きません。相手に怒りをぶつけるのも 、大変疲れるのです。ですから怒りをぶつけにも限界があるのです。

まず最初にすることは、相手の顔を見ないで時間を取ることです。そして、テレビなどつけると良いでしょう。音が鳴っていると、リラックス効果が生まれので怒りも和らぎます。テレビ内容も考える必要があります。 あまりにシリアスな内容のものであったり、夫婦喧嘩をしている内容のテレビであると夫婦喧嘩を再発することになってしまうので、笑い声が聞こえるようなバラエティ番組をかけると良いでしょう。
何かのシーンでクスッと笑ってしまったら、相手も許せてしまうそんな雰囲気になることも多々あります。

明るい雰囲気を作ると、仲直りをするきっかけになることが多いです。

手紙を書く(コミュニケーションの媒体を多岐化する)

夫婦喧嘩をして、謝りたいけれども謝るきっかけが見つからない時には手紙を書いて、机の上に置いておくのも一つの手です。

日頃の感謝の気持ちや、日頃言えなかったなどを誠意をもって手紙にすることは仲直りをする上でも非常に有効的な手段の一つです。

このことがきっかけで、解決するとともに、それ以上に相手に対する愛情が増すこともあります。

女性は、手紙を書くことはそれほど抵抗ないでしょう。

しかし、男性は手紙を書くことが苦手な人が多いです。うまく書こうとせずに、素直に思ったものを書くのが一番です。

第三者を入れる

どうしても謝りたくない、かなり夫婦喧嘩の内容が深刻な場合は時間をかけても難しい場合が多いです。らちがあかないときには、第三者を入れるのは非常に有効的です。

夫婦の場合だけではなく、例えばお笑いで二人組のコンビと三人組では、三人組の方が圧倒的に解散率が低いです。お笑いのことで喧嘩になったとしても、残りの一人が仲裁に入ってくれるのです。

ですからたとえ喧嘩をしたとしても、解散だけは免れることが多いです。

しかし、二人組であると喧嘩になった時に仲裁する人がいないので仲が悪いまま解散することが多いのです。それは夫婦でも同じことで、どっちも引けないような場合は第三者が間に入ると夫婦お互い冷静に考えようとするのです。

意図的にどちらかが折れる習慣を持っておく

一番手っ取り早い方法は、夫婦喧嘩をしたらどちらが謝るということです。

夫婦どちらかが謝ってしまえば、問題は解決してしまいます。

ただの喧嘩であれば、謝ったほうが負けという考え方がありますが夫婦間であれば少し話は違ってきます。

夫婦喧嘩を喧嘩と同じように考えれば、勝ち負けになってしまいますがお互いに憎みあって一緒になっているわけでははないので勝ち負けで夫婦喧嘩を考えてしまうのはナンセンスなのではないでしょうか。

手のひらで転がすという言葉があるように、謝ったふりをして夫婦の関係をうまくコントロールする考え方もあります。

とにかく夫婦は、ライバルではないのですから上手なやり方を考えてみましょう。

記念日にプレゼントを渡す習慣を作っておく

プレゼントを渡す夫

もし夫婦喧嘩をした時が、相手の誕生日前だったり、記念日前だったならばこれを利用して、相手にプレゼントを渡すというのもそれではないでしょうか。

夫婦喧嘩をしている間柄の場合、普段からプレゼントを渡すという習慣があまりないことが多いです。

これを機会に、思い切って相手にプレゼントを渡せば、上手くいけば喧嘩が収まるところが、今まで以上に良い夫婦関係になることもあるのです。

しっかりと相手のことを考えて、プレゼントは慎重に選ぶようにしましょう。

また、習慣にしておくことが大切ですので1回あたりのプレゼントは金銭的に継続可能な範囲に抑えておくのがポイントです。大切なのはあくまで気持ちですから。逆に問題が大きくなってからビッグなプレゼントをしても効果が薄いものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫婦喧嘩を未然に防ぐ方法

夫婦喧嘩を未然に防ぐ

最後に夫婦喧嘩を未然に防ぐ方法を紹介したいと思います。
夫婦喧嘩をしてしまった時には、仲直りをするきっかけを考えなければなりません。

しかし夫婦喧嘩があまりにも多い場合はその都度仲直りのきっかけを作るのはとても大変な作業といえます。そのような煩わしい作業を減らすためにも、喧嘩をしないように夫婦喧嘩を未然に防ぐ方法について考える必要があるのです。

挨拶をかかさない意識を共有する

夫婦生活を振り返ると、気が付くことがあるのではないでしょうか。

お互いに生活し始めた頃は、ちゃんと挨拶をしていたのにも関わらず今では、顔も合わせないということがあるのではないでしょうか。
夫婦喧嘩に至ってしまうケースとして、普段から余り会話がないことが多いです。

相手が返事をしなくても、自分の方から挨拶をし続けるとそのうちに挨拶を返してくれるようになります。
それが会話のきっかけとなって、夫婦生活がスムーズになることが多いです。

あえて、「さっきおはようって言ったけ?」と確認し、少しでも多くコミュニケーションを取る意思があることを示すのも有効です。

思いやりを持つ

はじめのうちは、お互いに思いやりをもって接していたのにも関わらずだんだんとお互いを空気のような存在になって、相手に対しての思いやりがなくなってしまうことが多いはずです。

そうなると、夫婦喧嘩の際に相手に思いやりのない言葉を言ってしまうも多いはずです。

普段から相手に思いやりを持っていれば、たとえ喧嘩になったとしてもどこか頭は冷静で感情的にならずに、スムーズに仲直りすることもできるはずです。

今の生活も悪くないと言い聞かせる

ある程度年齢を重ねると、今までの夫婦生活は正解だったのかと喧嘩をするために悩んでしまうことが多いです。悩みが深刻になると、ノイローゼになることもあるので深刻になる前に、手を打つ必要があります。

そんな時には、今の生活も悪くないと自分に言い聞かせること冷静に保つことができます。お悩み相談などを見ればもっと深刻な夫婦の問題を 知ることになるでしょう。それと比べれば、うちはまだ平和だと考えることできるのです。欲を言えば、夫婦お互いに喧嘩をしたいわけではないでしょう。

しかしお互いに、 ストレスを感じてつい当たってしまうこともあるはずです。そのような時は、一度冷静になってこれも幸せのイベントだと考えましょう。相手がいなければ喧嘩もできないのですから。

-喧嘩・トラブル・アクシデント, 夫婦生活