夫婦生活

ロボット掃除機は共働き家庭の強い味方!安いだけではなくコスパ重視のおすすめ商品とは

現代社会では、結婚してからも夫婦共働きの家庭が増えています。

そして家事はどちらか一方が負担するのではなく、時短やアウトソーシングにより効率化させる傾向が増えています。

家事の中でも重労働と言われる掃除ですが、最近では掃除機掛けをしてくれるロボット掃除機が普及してきています。

家事の外注化まではちょっとな…と感じている方も自宅にロボット掃除機を招き入れる事から検討してみてはいかがでしょうか。

今回は、ロボット掃除機の特徴や選び方、安いだけではなくコスパ重視のロボット掃除機を幾つか紹介します。

ロボット掃除機の特徴とメリット

ロボット掃除機は共働き家庭の強い味方!

まずはロボット掃除機の特徴や夫婦共働きの家庭でロボット掃除機を使用するメリットについて知っておきましょう。

いつでも掃除ができる

ロボット掃除機のメリットは、何と言っても人が操作する必要がないことです。
仕事が忙しくて毎日残業続きで疲れ果てていても、飲み会で酔っぱらっていても、例え不在でも掃除ができるのです。
普通ならば掃除機が使えない状況でもロボット掃除機ならば関係ありません。
「今日は掃除ができない」と諦めることもないのです。

ながら掃除ができる

ロボット掃除機は、自分が他の仕事をしていても起動できます。
洗濯をしながら掃除、料理をしながら掃除、買い物をしながら掃除が可能です。
家事をする時間が取れない共働きの世帯にピッタリです。

パフォーマンスが高い

一般的に共働き世帯ではどうしても女性への家事の負担が大きくなります。
その理由として、夫に家事を任せても雑でやり直したくなるから、という意見も多いのです。
男性は掃除に慣れていない分大雑把で、掃除機をかけるとゴミが残っていたり、隅がキレイにならないのです。
ロボット掃除機は、センサーが搭載されていて何度も同じ軌道を描きながら掃除していくので、ゴミの見落としはありません。
隅々までホコリを取る機能も付いていて、掃除が苦手な男性に任せるよりもナイスパフォーマンスが期待できるのです。

デメリットがメリットになる

ロボット掃除機のデメリットとして、床にモノが置いてあるとそれだけ効率が下がります。
しかしそのデメリットのお蔭で、普段から床にモノを置かない様にしようという意識が身に付き、部屋をキレイに保つ様になります。
モノを出したら片付ける習慣が付くので部屋がスッキリするでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家庭にあった高パフォーマンスロボット掃除機を選ぶ

家庭にあった高パフォーマンスロボット掃除機を選ぶ

ロボット掃除機はできるだけ静かなほうがいいですよね。
しかし静かさだけで選ぶと使いにくい場合もあります。
そこで家庭によって使いやすいロボット掃除機を選ぶポイントを紹介していきます。
静かさと合わせて、自分の自宅がどうか比較してから選びましょう。

床やカーペットなどの材質をチェックする

一般的なロボット掃除機は、床よりもカーペット素材のものの方が掃除を得意としています。
音の大きさを考えても床よりカーペットの方が静かです。

もちろん床でも掃除できるのですが、フローリングの目地に入った細かい掃除はできないロボット掃除機もあります。

ただ床掃除を得意とするものもあるので、自宅は床なのかカーペットがひいてあるのかを考えて照らし合わせるといいです。
得意とする材質で使った方がキレイに掃除してくれるので自宅の床周りをチェックしてみましょう。

毛の長いカーペットだとからまって進まないロボット掃除機もあるので注意することも大事です。
からまるとモーター音がずっとすることになるので、音がずっとしていてうるさいですよ。

床でもカーペットでも畳でもパワー調整をしながら適切な掃除をしてくれるロボット掃除ならどこでも使えて便利です。
パワー調整をするから無駄な音もせず、騒音も小さくなりやすいですね。

せっかく購入してもキレイにならなければ意味がないので、自宅の床素材でロボット掃除機を選びましょう。

苦手なゴミの種類をチェックする

ロボット掃除機は一般的な掃除機よりも吸引力が少ないです。
そのため小さなチリなどの吸引を苦手としているものもあります。

また、ある程度の大きさのゴミを苦手としているロボット掃除もあります。
家庭によって落ちやすいゴミというのは多少違いがあるので、できるだけ自宅に向いているロボット掃除機を選ぶようにしましょう。

掃除機によっては部屋の隅が苦手な場合もありますが、そんな場合は三角形になっているロボット掃除機を選ぶといいです。
三角形や小型のものは狭い場所や隅の掃除に向いていますよ。

ペットがいる家庭だとペットの毛がからまることもありますから、長い毛でもからまないタイプがおすすめです。
最新型になればなるほど「苦手なゴミ」が少ない傾向があります。

自動ゴミ捨て機能がついているかどうかをチェックする

ロボット掃除機は自動で掃除をしてくれますが、本体からゴミを出するのは人間の仕事です。
ですが自動ゴミ捨て機能がついていれば、自動で本体から専用の込み箱にゴミを移し替えてくれますよ。

自宅にあるごみ箱にゴミを移動させてくれるわけではないですが、ロボット掃除機から専用のごみ箱にゴミを移動してくれます。
あとはゴミが溜まったらゴミ箱に捨てるだけなので、とても便利な機能です。

この機能がついていると値段も高くなりやすいですが、ついていないと頻繁にゴミを取ってあげないといけないので面倒です。
マンションで静かなロボット掃除機を探していても、静かなだけでは物足りないですよね。使い勝手がいい方がいいのは当たり前なので、静かさと共に便利さを求めるならこの機能はチェックしておきましょう。

自動ゴミ捨て機能はロボット掃除機の機能の中でも一番といっていいほど便利な機能ですから、長く使いたい人にはおすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安さ重視でも音の小さいロボット掃除機を選ぶ:機能によって騒音に違いがある

安さ重視でも音の小さいロボット掃除機を選ぶ

掃除機は家庭内で出る騒音の中でも音が大きいですよね。

そのためマンションに住んでいると下や左右に住む住人に迷惑をかけることもあります。

同じ家族でもそれぞれ生活スタイルがあるので、勉強の邪魔になったり仕事の邪魔になったりもしますよね。

赤ちゃんがいる家庭だとなるべく静かにしたいところですが、掃除機の音で寝ている赤ちゃんを起こしてしまうということもよりあります。

そこで静かなロボット掃除機を選ぶポイントを3つにまとめたので、マンションに住んでいる、騒音が気になるという人は参考にしてくださいね。
静かなことは絶対条件ですが、それだけでは利便性が良くないので、静かで使いやすいロボット掃除機を選んでいきましょう。

静かなので使いやすく、動いていてもストレスが少なくなります。
神経質な人であれば音が気になってしまうので、ここでは音の大きさで選ぶポイントを紹介していきます。

ロボット掃除機は普通の掃除機よりも静かだけと段差に注意

まずロボット掃除機は、普通の掃除機よりもモーター音が静かです。
「静か」ということがウリの普通の掃除もありますが、それよりも静かな音で掃除できるのでどれを選んでも普通の掃除機よりは音がマシになります。

ただし段差があるときは、少々注意が必要です。
段差といっても階段などの大きな段差は乗り越えられまませんし、メーカーにもよりますがせいぜい1~2cmほどです。

ロボット掃除機はそれなりに重量があるので、カーペットから床に降りるときなどにけっこう音がします。
できるだけ静かにしようと思ったら段差をなくす、段差で音がしにくいものを選ぶことも重要ですよ。

段差に登るたびにガシャンと音がするので、インテリアを変えることも静かに使うポイントです。

段差がそれなりにあるときはスロープを用意すると、段差を乗り越えたときの音も小さくなりやすいです。

静かな音の大きさの目安は50db

ロボット掃除機には種類がたくさんあります。
使ったことがないと割と静かだと思うかもしれませんが、ロボット掃除機が動けば機械が動くようなモーター音がします。

一般的に静かといわれるロボット掃除機の音の目安は50dbなので、それを目安にして選んでいきましょう。

一般的な掃除機は70db、エアコンは50dbほどです。
エアコンと同じくらいであればそこまで気になる音の大きさではないので、それを目安にしてください。

ただしその音の大きさは普通に動いているときの音です。
障害物にぶつかる、段差を乗り越えるときはそれ以上に音がするので注意も必要ですよ。

またカーペットの上を掃除しているときは音は小さくなりやすく、フローリングの上を掃除するときは音が大きく感じやすいです。
自宅で使う場合は色々な材質や段差があるので、「エアコンと同等の音の大きさ」と書かれていても、それより大きな音だと感じることが多いです。

予約機能があるロボット掃除機

マンションだと音に敏感になりますが、ロボット掃除機は単純な音の大きさ以外でも気を付けることがあります。
それぞれ機能があるので、マンションでも静かに使える機能を紹介していきます。
こういった機能があると静かに使えるので、家族の迷惑にもなりにくくておすすめです。

予約機能があると、掃除してほしい時間に動くので便利です。
例えば夜から深夜にかけては静かに過ごしたい人が多いですよね。
夜中に動いているとマンションの住人や家族から苦情を言われる可能性が高いです。

予約機能があれば朝や昼に設定しておけるので、人の生活の邪魔にならなくて便利です。
この機能はロボット掃除機を静かに使いたいと思っている人には必須との言える機能ですから、必ずあるかどうか調べてから買うようにしましょう。

予約機能がなければ価格も安くなりやすいですが、特にマンションで暮らすのであればないと後悔しやすいです。
自宅に誰もいないときに予約設定すれば、家族の誰にもストレスを与えません。

壁にぶつからないロボット掃除機

ロボット掃除機は、ショックセンサーが搭載されているものも多いです。
ショックセンサーとは簡単にいうと、いったん壁や障害物などにぶつかって角度を変えるための機能ですね。

ですがこの音が思っているよりも大きく、障害物の多い室内だとストレスにもなります。
もちろん激しくぶつかるわけではないので家の中を傷つけるわけでもないですが、全く音がしないということでもありません。

メーカーにもよりますがこの音が思った以上に大きいので、特に狭い室内やモノが多い室内では気をつけるようにしましょう。

ですがロボット掃除機の中には「衝突防止センサー」がついているものもあります。
この機能がついていると壁や家具などの衝突しないようになっているので、マンション暮らしで静かに掃除してほしい人にはあると便利な機能です。

モノにぶつかる前にセンサーで感知して進む方向を変えてくれるので、この機能にはメリットしかありません。
普通のロボット掃除機だとぶつかると大きな音がするので、障害物の多い室内で使う、静かに使いたいという人はチェックしてから購入するようにしましょう。

部屋侵入防止機能のあるロボット掃除機

部屋侵入防止機能とは、特定の部屋には侵入させないという機能です。
例えば赤ちゃんが寝ている部屋、学生の子供勉強がしている部屋、家族が仕事をしている部屋にロボット掃除機が侵入すると困りますよね。

前もって侵入させない部屋を設定できるようになっているので、この機能があると家族の邪魔にならずに必要な場所だけを掃除してくれます。

絶対に必要な機能ではないかもしれませんが、長く使用するならあると便利です。
清掃するスペースを設定できるので、カーペットの上だけを掃除してもらう、特定の場所だけを掃除してもらうといったこともできますよ。

家族の負担にならないようにするなら必要な機能だと思っているといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

安くコスパ重視でもロボット掃除機で抑えておきたい機能

ロボット掃除機で抑えておきたい機能

ロボット掃除機と言えば「ルンバ」をイメージする人も多いと思いますが、最近では複数のメーカーから様々なタイプのロボット掃除機が発売されています。
いざ購入しようと思ったら、選択肢が多くて迷ってしまった人もいるでしょう。
今の自分達が必要としている機能が付いているかをチェックすることが大切です。
ロボット掃除機の選び方のポイントについては以下の通りです。

マッピング機能

マッピング機能とは、ロボット掃除機が移動している場所を記録する機能です。
例えば椅子やテーブルなどの家具があると障害物として認識して避けて移動しますが、マッピングの精度が高いと障害物が多くてもゴミの取り残しが少なくなるのです。
どの程度のマッピングが可能かを比較しておきましょう。
また、子供部屋やキッチンなど、重点的にキレイにしたい場所もあります。
本体にカメラが搭載されていると、今どこを掃除しているのかすぐに分ります。
毎日掃除機をかけている家ならば良いのですが、共働きで忙しく掃除機は週に1度程度しかかけられないという家庭では、ゴミの取り残しがない商品を選ぶのがおすすめです。

ロボット掃除機は、掃除が終ると自動的に充電器まで戻るものが有名ですが、全ての商品がそうではありません。
中には掃除が終わるとその場で動作が終了する自走式モデルもあります。
見える範囲で終了すれば良いのですが、たまにベッドの下など見えない場所で動作が止まると、探さなければならないということもあるのです。
ロボット掃除機を購入する時には、自動帰還機能がついているのがおすすめです。
自動的に充電器まで戻れるので、充電をする手間が省けます。

但し、自動帰還式は自走式よりも価格が高いというデメリットがあります。
自分達のライフスタイルを考えて、どちらを重視するかを考えて決めましょう。

容量

ロボット掃除機にはそれぞれゴミの容量が決まっています。
掃除機ですから当然溜まったゴミを捨てる必要があるのです。
容量が大きいほどゴミ捨ての回数が減るので、部屋が広い家では容量の大きいロボット掃除機を選ぶのがポイントです。

拭き掃除機能

ロボット掃除機の中にはゴミを吸い取るだけではなく、水拭きも可能な商品があります。
湿った汚れは水拭機能が搭載されたものの方がよりキレイに仕上がります。
後から水拭きせずに済むのでそれだけ時短に繋がります。

静穏性

出来れば夜遅くに帰宅してからもロボット掃除機を使いたいものです。
しかしマンションでは騒音の心配があり、静音性の高い商品に人気があります。
吸引力が高い程音が大きくなるので、音が小さければ良いというものではありません。
吸引力が調整できるモデルの方が、ライフスタイルに合わせてレベルを切り替えられるので便利です。

センサー機能

ロボット掃除機のセンサー機能として、階段や段差からの「落下防止センサー」があります。
ロフトや2階部分を掃除する時に本体が階段から落下するのを防ぐ為にも、この機能が付いていた方が良いでしょう。
また、機種によっては「進入禁止区域」を設定できる商品もあります。
「ここは掃除したくない」と思う場所に侵入しない様にセットすれば、より安心して掃除を任せられるでしょう。

スケジュール機能

折角ロボット掃除機を購入するのですから、自分達が不在の昼間に掃除を済ませてくれれば有難いと思うものです。
時間を予約しておけば自動的に起動して掃除をしてくれるタイプが人気です。
スケジュール機能があれば、家事の中で掃除機掛けは完全に省略できるでしょう。
最近ではスマホアプリから操作が出来るタイプも販売されていますが、そこまで高機能だと価格もそれだけ高くなります。
今回は価格とコスパ重視ですので、最低限の機能がついていれば後は予算と相談して決めましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

価格とコスパ重視のおすすめロボット掃除機とは

それでは、上記の特徴や選び方を参考にして、値段が安いだけではなくコスパ重視のロボット掃除機でおススメの商品を以下に紹介します。

iRobot ルンバ680

ロボット掃除機の代名詞となっているルンバですが、非常に高級なイメージがあります。
一般的に知られているモデルは10万円以上ですが、実はルンバには幾つかモデルがあり、安いものは3万円台で購入できます。
「ルンバ680」の機能は最小限ですが、コンパクトな一軒家ならば十分キレイに掃除ができます。
家具の下にも入り込み、長めの毛足のブラシにより、和室やカーペットのある部屋でもキレイに仕上ります。
スケジュール機能は付いていませんが、自動帰還機能があるので便利です。
外出する前に起動させてから外出すれば、帰宅時には掃除が完了しています。
また、掃除機を掛けたくない場所にはセンサーで壁を作れる「バーチャルウォール機能」が搭載されています。
ペットのいる部屋などを裂けくれて、段差の落下防止機能も付いています。
これだけの機能が付いて3万円台ですので、かなりコスパが良いと言えるでしょう。

iRobot ロボットクリーナー ルンバ680 ホワイト R680060

ツカモトエイム AIM-RC03

こちらは「安い」「コスパ重視」という人にピッタリの商品で、何と1万円以下で購入できます。
1万円台というと、一般的な掃除機よりも安い値段と言えるでしょう。
それだけ機能はシンプルで、リモコン機能や自動充電機能はありませんが、掃除本来の機能が充実していて、清掃率は90パーセント以上のスグレモノです。
落下防止センサー搭載で、段差がある家でもすぐに壊れてしまう心配がありません。
ネットショッピングで気軽に購入できるのもメリットで、最近特に注目されている商品です。
初めてロボット掃除機を購入したいけれどもどれにしようか迷っている人ならば、この商品を選んで暫く使ってみると良いでしょう。

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ ロボット掃除機 AIM-RC03

ILIFE V5s Pro

ハイブリッドロボット掃除機として口コミで人気になっている商品です。
この商品の最もおすすめポイントは、「吸引」だけではなく「水拭き機能」も搭載されているという点です。
専用マットと水入りタンクを取り付ければ、ゴミ取りだけではなく水拭きも可能で、掃除の手間が省けます。
価格はその分2万円台ですが、共働きでとにかく家事に手間をかけたくないと思う家庭ならば充分購入する価値はあります。
スケジュール機能と段差落下防止機能が付いていて、自動充電も可能です。

ILIFE V5s Pro ロボット掃除機 水拭き 乾拭き両対応 床拭き 静音&強力清掃

エコバックス DEEBOT M82

こちらは3万円台と少し値段は高めですが、それだけコスパも良くて共働き家庭にはおすすめの商品です。
「吸引」と「水拭き」を兼ね備えて、放っておいても掃除を完結させてくれます。
本体に「ダストボックス」と「水タンク」が取り付けられていて、その時の掃除のやり方次第で切り替えられるのです。
ルンバと同じ価格帯で、機能的にもルンバよりは多少劣りますが、メンテナンスが便利なことで評価が高くなります。
掃除機は部品が汚れるとパフォーマンスが下がってしまうのですが、この商品は部品が水洗いできるというメリットもあります。
安いだけではなくコスパを重視したいという家庭には是非おすすめの商品です。

ECOVACS 床用ロボット掃除機 DEEBOT 静音&強力吸引 水拭き対応 クリアホワイト DM82 【日本国内正規品】

ロボット掃除機を買おうと思っても、つい「掃除機を使った方がキレイになるのではないか」と思ってしまいます。
しかしロボット掃除機で毎日掃除をしている家庭では、さほどゴミや汚れは気になりません。
低価格なロボット掃除機で毎日手軽に部屋を掃除しておけば、いつでも清潔な部屋で過ごせるのです。

少しでも家事の負担を減らす為にも、ロボット掃除機を上手に使いこなして時短や合理化に役立てて下さい。

スポンサーリンク

-夫婦生活