喧嘩・トラブル・アクシデント

劣等感が強い人の特徴と、家族が劣等感で悩んでいる時に克服する為に出来る事

「自分は何てダメな人間なんだろう」と感じたことがあるでしょうか?恐らくほとんどの人はこのような感情を一度は抱いたことがあるでしょう。

人は失敗や悔しい気持ちをバネにして成長していくわけですから、落ち込むことがあってもそれをポジティブにとらえるべきです。

しかしときにはそのような感情がネガティブに働くことがあります。とりわけ自分よりもある種の才能に秀でた人を見たときに生じる劣等感が感情や行動に大きく影響し、自分や他の人に悪影響を及ぼすことがあります。

このような状況が長続きすると人間関係が上手くいかなくなるために、早めに対処しなければなりません。

そこで今回は、劣等感が強い人の特徴と、家族が劣等感で悩んでいる時に克服する為に出来る事について説明していきたいと思います。

劣等感が強い人の特徴

家族が劣等感で悩んでいる時に克服する為に出来ること

「劣等感を抱く人」と聞くと、おとなしい人を思い浮かべるかもしれません。しかし実際にはこの感情が様々な行動へと人を動かします。以下はその一例です。

【行動や感情】自慢話が多い

劣等感が強い人は少しでも自分が他の人よりも優位に立っていたいと感じることがあります。そのため過去の栄光やちょっとした功績などについて何度も語ります。しかし他の人が同じようなことを語り出すと、その話に耳を傾けようとはしません。

また自分の劣っている点については触れたくないために、自慢話は優位に立てると感じる話題ばかりです。たとえば会社での仕事があまり評価されない人が、学生時代に部活動で活躍した話をしたり、自分の高学歴について語るといった感じです。

劣等感ゆえに自慢話をする人は2つのタイプに分けられます。1つは自分はすごい人間だと周りの人に思い込ませ、支配しようとするタイプ、そしてもう1つは周りの人が自分よりも優れているという状況を目にしたくないために、自慢話はするものの友達を作らないタイプです。

【行動や感情】落ち込みを包み隠さず話す

1つ目の特徴とは全く異なる仕方で劣等感が行動に現れることがあります。それは自分が他の人よりも劣っていることを長々と話すというアクションです。このタイプの人は自分自身をよく理解しており、見栄を張りません。

つまりありのままの自分を評価しているわけですが、「自分は他の人よりも劣っている」という感情をずっと抱き続けているとやる気が徐々に失われていくために、考え方を変える必要があります。

また自分がいかに不幸であるかを長々と話すのであれば、聞き手は次第に耳を傾けなくなるでしょう。もちろんはじめのうちは同情心を抱くかもしれませんが、そのような話は決して心地よいものではありません。そのためこのタイプの人は友達が少なく、その結果、孤独を生じさせ、ますますネガティブな感情が沸き起こるという悪循環に至ることがあります。

【行動や感情】怒りを感じる

自分よりもある種の才能に秀でた人が褒められたり、周りから評価されると、怒りの気持ちが沸き起こってくるという人がいます。このような気持ちを露にする人もいれば、心の中で煮えかえるような怒りをぐっとこらえる人もいます。しかしこのような感情が幾度となく生じると意地悪をしたくなり、嫌がらせなどに発展することもあります。

誰かが褒められている様子を目にしたり、良い評判を得ていることを耳にすると、イラっと感じることはないでしょうか?またそのような人が仕事で失敗したとき、思わず喜んでしまうことはないでしょうか?もしこれらの質問に対する答えが「イエス」であるなら、強い劣等感を抱きやすい傾向にあります。

【環境・背景】幼い頃の環境

生まれつき劣等感が強い人などいません。そこには必ず原因が存在します。主な原因は以下の通りです。

全ての人は育ってきた環境が人格形成に大きく影響しています。そしてその環境が強い劣等感を抱きやすくすることもあるのです。

たとえば優秀な兄や姉のいる人が両親から「お兄さんやお姉さんはあんなに勉強ができるのに、お前はどうして成績が悪いんだ!」と言われ続けるのであれば、強い劣等感を抱きやすい性格になってしまいます。

また幼稚園や学校で先生から自分の失敗を何度も責められたり、それをみんなの前で公表するなどの仕打ちを受けた場合も、劣等感を生じやすい性格を生み出します。

大人は「子どもだから何をしても大丈夫」と思うかもしれませんが、実のところ子どもの心は大人が思う以上に繊細です。そのため自信を付けさせるために褒めるべきところを探し、何かを達成したときには共に喜ぶ姿勢を忘れてはならないのです。

関連:育児放棄されている子供は見た目や行動で分かる。育児放棄をしてしまう原因を知り解決方法を知っておこう。

【環境・背景】周りの人を必要以上に意識する

自分に自信が持てなかったり、周りの人と異なる行動を取ることに大きな不安を感じる人がいます。このような人は必要以上に周囲を気にします。周囲の人の行動に注意を集中すると、当然のことながら自分と他の人を比較するようになります。

そして「あの人は自分と比べると仕事が速い」とか「あの人は特別な仕事を任されている。これは自分よりも仕事ができる証拠だ」などという感情が沸き起こり、これが次第に劣等感へと発展していくのです。周りの人の良い面に気が付くのは良いことですが、それを自分の欠点や劣っている点と結びつけてしまうのは良くありません。

多くの場合、このような人は自尊心を培う環境になかったことが、その後の行動に大ききな影響を与えています。また幼いときに自分のできなかったことを兄弟や友人がいとも簡単に行い、それに大きなショックを受けたり、努力がなかなか報われなかったことが影響して強い劣等感を抱きやすくなることもあります。

【環境・背景】理想が高すぎる

志を高く持つように教え込まれてきた人も、強い劣等感を抱いてしまうことがあります。このような人は「諦めなければいつか必ず成功する」と思い込み、自分の能力を考慮せずに我武者羅に頑張ることがあります。もちろん努力することは大切ですし、素晴らしいことでもあります。しかし能力には限界がありますので、それを度外視するなら失敗を招くことになります。

そして失敗を何度も繰り返すのであれば「何で成功しないんだろう」という落胆の気持ちが沸き起こり、次第に自分と同じ道を辿ってきた成功者に劣等感を抱くようになります。

このタイプの人は失敗に対する怒りの気持ちが最初に湧き起ります。その後徐々に成功者に対する劣等感が沸き起こり、最終的に疲れ果てるというルートを辿ることがあります。完全に燃え尽きてしまうとやる気がそがれてしまい、再び活力を取り戻すのに多くの時間を必要とすることもありますので、自分の理想と能力がマッチしていないと感じた場合、すぐに気持ちを切り替える必要があります。

【現代社会の影響】ストレス

劣等感に悩まされている人の中には、「以前はこんな感情が沸き起こることなどなかった」と感じることがあります。実のところ、劣等感は現代社会の影響によって生じることもあります。

実のところ、大きなストレスが劣等感を生じさせることがあります。ストレスを抱える原因は人それぞれ異なりますが、結局のところ何かを成し遂げられなかったことに対する後悔の念や、自分の意志に反するものの、行わなければならいことがある場合に抱えるものです。

小さなストレスはプラスに働くと言われていますが、大きなストレスはマイナス思考を生じさせます。多くの人は大きなストレスを抱えると全てを投げ出し、現実逃避したいという思いに駆られます。そしてこのとき、「自分は今現在の状況を良い方向に持って行くことができない。なんてダメな人間なんだ」という感情が生じるのです。

この感情はある種の劣等感であると言えます。なぜなら「全ての人が自分と同じ状況を打開できるはずがない」と思っているのであれば、決して落ち込むことはないからです。この種の劣等感は優秀で多くの責任や仕事を抱えている人に生じやすく、尚且つ真面目であるほどネガティブな思考に陥りやすい傾向にあります。

【現代社会の影響】褒められない

先にも少し触れましたが、幼い頃に親や先生などから褒め言葉をかけてもらえなかった人は強い劣等感を抱きやすくなります。

しかしこれは幼少期に限ったことではありません。成人した大人であっても同じことが言えます。つまり学校や職場で褒め言葉をかけてもらえないのであれば、劣等感を抱きやすくなるのです。とりわけ何かの功績を残したにも関わらず何も述べてもらえないのであれば、「自分の何がいけないの?」という気持ちが沸き起こり、周りの人のほうが自分よりも優位な立場にあると思い込んでしまいます。

もちろん褒め言葉はモチベーションをアップさせるために、効率化を図る上で重要な役割を果たします。しかし良いことを行ったにも関わらず何も述べてもらえない場合、「自分は良いことを行った」と自分自身に言い聞かせることが必要です。

また直属の上司は理解していなくても、自分の功績について理解している人がいるという事実を思いに留めることも大切です。そのようにすることで劣等感を払拭することができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

家族の劣等感を克服する為に悩みには共感すること

家族の劣等感を克服する為に悩みには共感すること

人は悩みがあった時に、取りあえず聞いてもらうだけで気持ちがスッキリとするものです。

しかし劣等感というのは一時的悩みではなく人格形成に関わるものですので、人に話せばその時は落ち着くものの、すぐに復活してしまいます。

他人に原因があるのではなく自分の内面から発生している悩みだけに、聞いてあげるだけでは解決しないのです。
大切な人が劣等感で悩んでいる時には、聞いてあげるだけではなく共感することで克服のきっかけ作りになります。

あなたも劣等感を受け入れる様にする

例えば社会人になってから感じ易いのが「学歴コンプレックス」です。職場で他の人達が高学歴ばかりという時には、その会社に勤めている限り消えません。

毎日の様に劣等感に浸っている家族が悩みを打ち明けた時に、言ってはいけないのが「そんなことないよ」です。この言葉は、本人が劣等感を否定するものであり、本人を否定していることになるからです。

聞いているあなたも劣等感を受け入れて「まだまだ学歴社会だから辛いよね」と言ってあげましょう。こんな自分は嫌だと思っている以上、常に劣等感は付きまといます。

人が劣等感を克服するには、まず劣等感を受け入れる必要があるのです。本人が受け入れ易くなる様に、あなたが受け入れてあげましょう。

頑張らなくて良いことを伝えてあげる

劣等感が強い人は、自分も一生懸命頑張っているという自負があります。それなのに他の人に及ばないとなると、自分に限界を感じているでしょう。

この「こんなに頑張っているのに」という意識を和らげてあげることも大切です。

自分に期待する気持ちや「自分は他の人とは違う」という過剰な自意識を抑える為には「優れた人がいれば普通の人もいないと社会は成り立たない」と言ってあげましょう。

人には向き・不向きがあり、それぞれの役割を果たしていくべきです。
上を見ればきりがないし、下もまたきりがありません。

自分が特別になる必要はないし、目立つ必要もない、毎日が充実していればそれで良いことが理解できれば、劣等感の克服に繋がります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

客観的な自分に気付かせてあげることで劣等感を克服できる

新しい自分の面に気がつく

劣等感で悩んでいる人は、周囲の中での自分の評価が気になってしまい、客観的な判断ができなくなっています。
家族がサポートしてあげようと思ったら、本人の気持ちや不安だけではなく、周囲の状況についても話を聞いてあげる様にします。

本人が今まで頑張ってきたことを整理する

本人が劣等感を克服する為に、今までどの様な努力をしてきたか理解してあげましょう。

「朝早く出勤して仕事を頑張った」「パソコンスキルを身に付けた」「資格の勉強をした」など、自分から努力をしてきたことに対してあなたが評価してあげるのです。
順番に整理していくと、本人も自分がいつの間にか努力を積み重ねて来たことに気付きます。

意外に自分はそんなに劣った存在でないことが分かり、自信が持てる様になるでしょう。

この時結果は関係なく、自分から行動を起こしたということに注目します。プロセスを大切にするのは仕事でも同じで、考え方は間違っていなかったという気付きになるのです。

限界を決めさせない

劣等感が強い人は「ダメだ」「もうできない」と思い込んでしまうものです。あなたができるのは、本人に限界をきめさせない様にしてあげることです。

「今日はここまで出来たのだから上出来、あとは明日にしよう」と、歩を進められる様に促しましょう。ポジティブな状態でその日を終わらせられれば、翌日「頑張ってみよう」という気持ちになれます。

あなたが「頑張って」と励ますと「もう頑張っているのに」と思い、余計に落ち込んでしまいます。今の時点でできることに対して評価してあげる様にして下さい。

他人と比較しない

劣等感の強い人は、どうしても他人と自分を比較して優劣を決める傾向があります。自分にはないものやできないことを比較していてはいつまで経っても劣等感は克服できません。

悩んでいる家族が他人のことをあれこれと言うのは仕方ありませんが、聞いているあなたは軽く「そうなんだ」と一度受け入れてから「あなたにはあなたの良いところがある」と言いましょう。

「人は人、自分は自分」と考えられる様になれば、得意・不得意という両面で考えられる様になり、劣等感の克服に繋がります。短所のない人はいない、逆に長所がない人もいないし、それが全く違った面で表れるからお互い助け合えるのです。

自分と全く同じ人間ばかりがいたら、どんなに居心地が悪いかを考えれば理解し易くなります。

自分に自信を付ける行動を促す

自分に自信を付ける行動を促す

家族が劣等感で悩んでいたら、悩みを聞いたり気持ちに寄り添ってあげることも大切ですが、自分に自信をつけるにはどの様にすれば良いのかアドバイスをしてあげることも大切です。
一つでも自分に自信が付けば、劣等感は驚くほど解消します。

あまり押しつけがましくあれこれ言うのではなく、日常生活の中で簡単にできる自分磨きの方法をアドバイスすれば、自然に本人の劣等感克服に繋がるでしょう。

生活習慣を変える

今のまま毎日同じ時間に同じ様に出かけて、同じ様な一日を過ごすのでは何も変化は起きません。自分から変化を起こす為には、見た目を変えてみるのも良い方法です。

毎日お風呂に入って髪を洗い身体を清潔にして、いつもよりもオシャレに気を遣ってみましょう。人の印象は見た目で決まり、見た目が清潔でオシャレなだけで好感を持たれるのです。

周囲の反応が良いと気持ちが良くなり大きな声で挨拶をしたり、自然に笑顔が浮かぶ様になります。段々と自分に自信が付き、今迄悩んでいたことが気にならなくなってくるのです。特に自分の容姿に劣等感のある人は、直接悩みを克服するチャンスです。

スタイルの悪さは洋服のデザインである程度まではカバーできて、女性ならば目鼻立ちはメイクでカバーが可能です。男性の場合は、スキンケアをして、ヘアスタイルや眉毛を整えるだけでもかなり見た目が変わってきます。見た目に関しては、どうすれば良いのか中々本人が気付けない部分ですので、ここはやはり家族が客観的な視線でアドバイスしてあげると効果的です。

また、普段運動する機会がない人程脳がストレスを感じ易く、些細なことでも劣等感に結び付けて考えてしまいがちです。朝30分早く起きてウォーキングやジョギングをしたり、休日には汗を流す程度の運動を促してあげましょう。身体を動かすことで自律神経のバランスが整い、副交感神経が優位になってリラックスできる様になります。

小さなことでも「まいっか」で済ませられる様になり、強い劣等感が解消されるのです。運動は一人でするのは孤独で辛いと思うものです。この様な時にはあなたも自分の健康の為だと思い、付き合ってあげる様にして下さい。

関連:規則正しい生活をおくるためのリズムを整える

趣味に没頭できる様にする

劣等感が強い人は、自分に得意なものがない、打ち込めるものがない為に、他の人に長所があるのが羨ましくてたまりません。この様な場合、本人が仕事や趣味など、何か没頭できるものを探して勧めてあげましょう。家族ならば本人の特技やすきなことが理解できる筈です。

昔たしなんだ趣味や、これを取っておけば有利という資格の取得などを考えてあげるのです。どんなに小さな趣味でも続けることで他の人には真似できないレベルになっていきます。継続は力なりで、いつか自分は他人よりも凄い技を持っているのだということに気付けるでしょう。

劣等感が強いと「自分は何をやってもダメだ」「面倒くさい」と思う傾向があります。その様な場合は、海外旅行に連れて行ってあげることも良い方法です。

自分の全く知らない世界があり、そこでは全く知らない人達が全く知らない環境で毎日生活していると思うと、今迄の自分の悩みが小さく感じられる様になるというケースが多いからです。
世界にはどれだけ多くの人々がいるのかが分かるだけで、人と自分を比較することに意味はないと思えるでしょう。

関連:パートナーの趣味はどこまで許せる?プライベートの充実は家庭の為?
関連:夫婦2人で趣味を持とう。アクティブ派、インドア派それぞれにおすすめの趣味とは?

自分の良さに目を向けさせる

少しずつ本人に自信が付いて来たら、自己分析を勧めてみましょう。
今迄の自分を振り返り、人より優れていると思う部分を整理させるのです。

「私は学歴が低いがパソコンスキルは誰にも負けない」
「私は人に話しかけるのは苦手だが聞き役に徹することができる」
「私は身長が低いが運動神経は優れている」

など、自分の良さに目を向ける様にしてあげるのです。
劣等感が強いうちは自己否定をしてしまい、自分の全てがダメだと思うものですが、上記の克服方法を続けて行くうちに段々と人と自分の違いを認識できる様になります。

自分の長所を整理したら、後はそれを伸ばす様にサポートしてあげましょう。やり方は簡単で「素晴らしい特技だね」と褒めてあげるだけです。

劣等感が強い人は普段から褒められることが少なく、長所があっても伸ばそうと思うきっかけがありません。上手に褒めてあげて、本人が「この部分をもっと伸ばして誰にも負けない様になろう」と思える様に導いてあげましょう。

家族が劣等感で悩んでいると、つい「何バカなこと言ってんの」「気にし過ぎだよ」「頑張って」と、相手を否定したり突き放す様な言葉をかけてしまいがちです。心の通じ合っている家族なのですから、「共感・気付き・アドバイス」をしてあげて下さい。

時間はかかりますが、本人が自分に自信さえ持てれば劣等感を克服できるでしょう。

まとめ

冒頭でも述べたように、劣等感は人間関係に大きな影響を及ぼします。自慢話やネガティブな会話、そして怒りの感情は周りの人を不快にさせます。そのため劣等感を抱き続けるのであれば次第に友達は少なくなり、孤独を招きます。このような状況は寂しさや悲しみをもたらし、ますます辛い状況を経験しなければならなくなります。

これまで考えてきたように、強い劣等感を抱く人には特徴があります。その特徴を理解していれば、この問題を克服しやすくなります。そのため劣等感を抱く傾向にある人、または家族が悩んでいる場合は、その状況についてじっくりと考慮し、対策を練るべきです。

スポンサーリンク

-喧嘩・トラブル・アクシデント