夫婦生活

夫婦仲を改善する!?家の雰囲気を良くする風水

2018/09/29

結婚当初はけんかをすることなく仲良く生活できていたかもしれませんが、子供ができたり家を購入したり…夫婦でいる年数が長くなればなるほど色々なことが起きてくるものです。お互いの価値観も違いますし、生活のズレもあるので夫婦喧嘩をする時も時と場合によっては必要ですよね。

しかし、中には夫婦喧嘩をしながら乗り越えていける夫婦と、問題がこじれにこじれて夫婦仲が悪くなってしまう夫婦もいます。
結果、離婚の危機に陥ったりする人もいることでしょう。今までも一緒に乗り越えてきた夫婦なのでできれば夫婦仲を改善して、家の雰囲気を良くしたいと思っている人がたくさんいます。そこで今回は夫婦仲を改善するかもしれない、家の雰囲気を良くする風水について紹介します。風水は家の中にある悪い気を払って良い気を入れる方法ですね。

これから家の雰囲気を良くする風水の紹介をしますが、風水だけを頑張っても夫婦の仲は良くならないということをよく知っておきましょう。家の悪い気を良い気にすることはできるかもしれませんが、夫婦仲はお互いの直して欲しい行動や言動を見返って改善しようと努力していかなければなりません。それが1番大事なことだと言うことを忘れずに読み進めて言ってくださいね。

玄関は幸せを決める大事な場所!

掃除

玄関は実は風水では「家全体の運を決める場所。非常に大事な場所」と言われています。自分の家の玄関を思い出してください。履かない靴がそのまま置いてありませんか?ホコリやゴミはありますか?何となく入った時にごちゃごちゃして見えませんか?玄関が乱雑で汚い家は運気が落ちてしまうと言われています。

玄関は常にキレイにピカピカにしておきましょう。というのも、一度外へ出かけたりするとたくさんの悪い気が体について家へ帰ってくるのです。玄関がきれいだとその悪い気を浄化して家族仲だけでなく夫婦仲も良い気が巡って良好になると言われているんです。掃除を欠かさずにして、常に玄関は整理整頓をしておくようにしましょう。また、玄関に天然素材の物を使用すると悪い邪気を吸ってくます。
お勧めの天然の素材は、ウール、コットン、シルク、麻などです。玄関マットに使用すると良いですよ。玄関マットは敷きっぱなしではなく、こまめに洗濯をしてキレイな物を常に敷くようにしましょう。玄関マットのお勧めの色は赤色、ピンク、オレンジや緑色です。

玄関の横の壁には風景や花、パワースポットなどの写真を飾ると良い気を家の中に入れやすくなります。トラの絵を飾ると悪い気を跳ね返すと言われています。トラの絵がないという人やトラの絵を飾るのは気がひけると言う人は、八角形の形をした鏡を玄関に置いてみてください。八角形の鏡は悪い気を跳ね返すと言われています。

ただし、ドアと真正面に置くことはやめてください。ドアと真正面におくと、外から持ってきた悪い気だけでなく、良い気さえも跳ね返してしまいます。八角形の鏡をおくなら玄関横の壁などが良いでしょう。

さらに玄関が夫の運を司る場所でもあると言われています。夫が最近運が無いと言っていたり、イライラしたり、不幸なことが続くようになったら玄関に花や観葉植物を置いてみましょう。花や観葉植物を置くと夫が体調が良好になり運気も上がります。玄関をキレイにすることと、夫や妻をいたわることを同時に行っていくとどんどん良い気で家の中が満ちて夫婦仲も良くなっていくことでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

寝室の方角が夫婦関係に深い影響がある!

寝室

玄関が最も大事な場所ですが、実は人間は寝ている間に良い気を体内に貯め込んで行くと言います。最近ついてないなと思うなら運を上げるために寝室はとても大事な場所となってきます。寝る場所が体だけでなく精神的にリラックスできる場所でなくてはいけません。寝室は方角で決まると言うので1つずつ意味と一緒に見ていきましょう。

1.若い夫婦は東側の寝室が大事!

東は太陽の気を受けてパワーがでてきて活発になることからアクティブな生活ができる場所と言われています。若い夫婦は仕事面でも育児でもまだまだ活発に動かなければいけません。活発に動いているうちは体が程よく疲れているのでケンカをすると言うこともほとんどありません。若い夫婦には東側の寝室は向いていますが、ある程度年齢がいった夫婦は逆に疲労困憊になってしまうので向いていません。

2.西は健康と金運を手に入れる!

西は太陽が沈んでいく方角ですね。穏やかに物事が進んで落ち着いていき、安眠と休養がたっぷりできると言われています。普段から眠りが浅かったり、寝付きが悪くて寝るまでに時間がかかると言う人は家の西側の部屋を寝室にしてみましょう。また、西側の寝室は健康運と金運を上げてくれる場所でもあります。もし寝室を変えることが難しかったら枕の向きだけでも西にしてみましょう。ゆっくり寝て休養することができますよ。

3.南側は寝室にしてはいけません!

風水的には南側に寝室を作ることはだめだと言われています。南側は明るくてアクティブな夫婦にはなることはできますが、逆に生活自体が非常に派手になって寝室が落ち着いたものとなりません。大事なことは寝ている間に運気を貯めることなのに、落ち着かなくて上手く休養することができなくなってしまいます。南側だけは寝室に向いていません。

4.北側の寝室は夫婦の信頼を上げてくれる!

夫婦仲を良くしたいと思っている人は北側の寝室が向いているでしょう。北側は真面目で良い家庭を築くことができるといわれています。ただし夫婦仲が良くなる分、夫婦でいることが心地よくなってしまい他の人との交流が少なくなってしまう可能性もあります。社会的地位の向上と夫婦仲が良くなるといわれている方角は北西です。北西の寝室は吉方位なのでとても良いです。

寝室も玄関と同じくキレイにしておきましょう。寝室が汚いと気が整わずに悪い気しか入ってこなくなります。また、寝室はくつろいで眠れる環境がとても大事なので、葉の丸い観葉植物を置くようにしましょう。葉の丸い観葉植物はリラックスができるようにしてくれます。ただし、観葉植物はきちんとお世話をして枯れてしまった場合はすぐに片付けるようにしましょう。枯れてしまった観葉植物とドライフラワーは運を下げてしまうので気をつけてください。

また、寝室に鏡を置く場合は寝ている姿がうつらないように置いてください。風水的には鏡を置いて、そこに自分の寝ている姿がうつってしまうと、寝ている間に蓄えた気が、鏡の自分とに散ってしまい運を半分しか蓄えることができなくなってしまいます。ちなみにテレビやパソコン、テレビ台など、とにかく画面に自分の寝姿がうつるものはよくありません。どうしても鏡を置きたいなら寝姿が絶対にうつらない場所にしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

夫婦仲を良くする風水を行う時の注意点は?

なかなか自分の言動や行動を見返って相手に尽くしていっても夫婦仲がこじれていく一方だと言う人はケンカをしたことで悪い気が溜まってしまっている可能性があります。風水をして家の中のどんよりした気を変えたい場合は、幾つかの注意点があるので紹介します。

1.相手に風水を強要しない。

自分では良いと思っていても相手が嫌に思っていることはたくさんあります。自分で風水が良いと感じたからと言って相手に強要してはいけません。相手が風水などを信じていない場合、夫婦仲がさらに悪化する恐れがあります。風水は言わなくてもさりげなくできるのでもし怪しまれたら「模様替えをした。」と言っておきましょう。

2.風水だけでなく、自分たちで努力もする。

何度も言いますが、夫婦仲が悪くなるのは悪い気だけが原因ではありません。必ず原因があります。風水だけに頼り切るのではなく、まずは自分たちでお互いの悪い所を話し合って、お互いが悪い所を改善できるように努力していかなければいけません。お互いの努力と良い気で夫婦仲が良くなっていくことを覚えておきましょう。

3.水回りとお部屋はいつも清潔に!

水回りは汚れやすく、悪い気を呼び込みやすくなります。特に浴室などは水を溜めておくことで夫が浮気をしてしまいやすくなると言われています。寝室と玄関は非常に重要ですが、浴室やトイレもできるだけキレイな状態を保つようにしましょう。水はためないで抜いておくようにしましょう。

また、毎日は難しいかと思いますが寝室や玄関だけでなく、リビングなども掃除をしてキレイにしておくと良いでしょう。散らかっている場所があると、そこへ悪い気がどんどん吹き溜まりのように溜まっていってしまいます。気をつけましょう。

夫婦仲を良くするのは風水を頼ることも1つの方法と言えましょう。自分の悪い所を直しつつ家の中を清潔に意識して生活していくとどんどん運気も上がってくるでしょう。

スポンサーリンク

-夫婦生活