夫婦生活

妻しか出来ない!疲れた旦那を癒す方法

2018/09/29

「日本人は働きすぎだよ。」と海外の人も驚くくらい、日本の会社は忙しく稼働しています。家に居る時間よりも会社に居る時間の方が長いと感じている人もたくさんいることでしょう。

家族のために忙しく働いている夫の様子は大丈夫でしょうか?いつもと様子が違うことはありませんか?仕事を一生懸命頑張るあまりに疲れ切ってしまって気づいたら鬱病になってしまうという旦那さんも今はとても多いです。そうなる前に癒やしてあげられるのは妻だけでしょう。

そこで今回は妻しかできない疲れた旦那を癒す方法を紹介します。

80%近くの男性が社会の中で疲れを感じているデータが!

tsumashika1

とてもおもしろいデータがあるので紹介します。
これは全国の40歳代~50歳代の男性、330人に日々の生活でどれくらい疲れ感じているか調査をしたものです。「日常の生活の中で疲れを感じているか。」という質問になんと80%近くの男性が「はい。」と答えています。
その中でも30%以上の人が「1週間疲れない日はない。」「月曜日から常に疲れていて気が休まる暇がない。」と答えているんです。だいぶ男性の皆さんは日々の生活に疲れを感じているようですね。さらに疲れの原因を聞いてみると1位はダントツで仕事でした。後は将来への心配やお金のことが多かったですね。

しかし中には「仕事よりも妻に疲れている。」と思っている人も多いようなんです。「妻に疲れるから家に帰りたくない。」と感じている男性もとても多いのが現実ですね。

ある会社が奥様方に「夫をねぎらっているか。」と質問した所80%以上の人が「はい。」と答えました。一方夫の50%以上が「妻にもっとねぎらってほしいと思っている。」と答えているんです。奥様方が一生懸命旦那さんをねぎらっているつもりでも、日々の生活に疲れ切っている旦那さんからするとなかなか妻の思いやりに気づけ無いことが多いみたいですね。

ではどうしたらそんな旦那さんを癒やしてあげることができるのでしょうか。次から詳しく説明していきます。

妻しかできない疲れた旦那を癒す方法ベスト4

tsumashika2

1.自分の話よりも旦那の話を黙って聞きましょう。

会社で一生懸命頑張って働いている旦那さんは疲れ切って帰宅してきます。本来なら会社で気を張っている分、家は疲れを癒せる場所でなければいけません。家族を養うために責任を追って働いてきている旦那さんは、今日仕事であったことや、不安なことなどを奥さんに聞いてほしいと思っています。

旦那さんが愚痴を言いやすい環境を作っていますか?旦那さんが疲れて帰ってきたのに「ちょっと!聞いてよ!」と自分の愚痴を話しすぎたりしていませんか?まずは旦那さんの話をよく聞いてあげましょう。旦那さんの話を聞く時は自分の意見をなるべく言わないようにしましょう。ひたすら「そうなんだ。大変だったね。」と同調してあげましょう。

旦那さんは意見を求めているのではなく、ただ話を聞いてほしいだけなのです。話をじっくりしっかり聞いてあげましょう。これだけでも十分旦那さんは癒やされるはずです。

2.美味しい食事に少し特別感を出してねぎらってあげましょう。

家に帰りたいと思う理由の1つに「料理が美味しいから。」があります。人の感じるストレスと食事には実はとっても密接な関係があります。人はストレスを感じると食べ物を食べることで疲れたり満たされない気持ちを癒そうとする働きがあります。バランスの良い美味しい食事はまさに疲れた旦那さんを癒やす最高の方法と言えましょう。

旦那さんの食べ物の好みをよく知っているだけにこの方法は妻にしかできない方法といえますね。旦那さんが疲れているなと感じたらぜひ旦那さんの好きな料理を作ってみましょう。食事を美味しいと感じることで日々の疲れも癒されるはずです。

あまりに疲れている旦那さんは、妻がどんなに旦那さんのために一生懸命料理を作っても妻の気遣いに気づかない場合もあります。そんな時は料理に特別感を少し出すように心がけましょう。

例えば、晩酌が好きな旦那さんのビールをいつもよりも高い物にするとか、おかずを全て旦那さんの好きな食べ物にするとか。こうして「特別感」を出すことで、妻から言わなくても妻の気持ちを感じることができるはずです。特別なことをされると嫌な気持ちになる人はいませんよね。ぜひ料理で旦那さんの疲れを癒やしてあげてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3.香りで精神的な疲れから開放してあげましょう。

人間は匂いに敏感で、匂いを嗅ぐと匂いの成分が鼻に付着し、電気信号となって脳に伝わっていきます。香りが良いと精神的に良い気分になりますし、嫌な匂いは不快な症状となって脳に伝わっていきます。香りは最も早くそしてダイレクトに脳に癒やしとして伝わっていくのです。疲れている旦那さんには帰宅してすぐにお風呂に数滴アロマを垂らして入ってもらいましょう。

アロマでなくとも旦那さんの好きな入浴剤を使用することで疲れた体を癒やすことができますよ。お風呂だけでなく旦那さんが好きな香りを部屋にまいてみたりするなど匂いでの癒やし方は色々な方法があります。良い匂いは家に入ると癒やしを与えてくれるのでお勧めです。

4.スキンシップで癒やしてあげましょう。

体や手が触れることは相手に癒やしを与えることができます。ましてスキンシップが愛している相手なら余計に癒やす効果があると言えましょう。夫婦で見てみると旦那さんの方からスキンシップを取るという家族が多いですね。
女性からはなかなかスキンシップをとりにくいと思っているかもしれませんがそんなことはありません。積極的にどんどん旦那さんにスキンシップをとっていってください。スキンシップは手を繋いだり、体に触れても良いでしょう。

また、こうして体に触れるだけでなく、頭をなでてあげることも旦那さんを癒やす最高のスキンシップになるそうですよ。頭を撫でられると小さい頃に母親から可愛がってもらった記憶を心の奥底で思い出し、童心に帰ることができるそうですよ。疲れて帰ってきた旦那さんの頭や髪をぜひなでてあげてください。

ただ触れるだけで疲れを癒せないと思ったらマッサージをしてあげましょう。マッサージはスキンシップの中の定番な方法と言えましょう。マッサージをしてあげると緊張した気持ちがほぐれてリラックスすることができます。マッサージ中にゆっくりとした気持ちで会話ができることも良いことですね。疲れた体を確実に癒やすことができますね。

旦那を癒せない行動ベスト3

疲れきった夫を癒せるのは本来は家族だけで、旦那さんは家が居心地が良いと思うはずなのです。しかし妻の行動1つで旦那さんは「家に帰りたくないな。」と思ったり「家にいる方がストレスがたまる。」と感じたりするんです。妻も旦那さんを癒やすために気をつけなければいけない行動があるので紹介します。

1.自分の愚痴を言う。

「何も疲れているのは旦那だけじゃない。私も疲れているのよ。」そうです。主婦は旦那さんが仕事をしている間に家のことや子供のお世話、近所付き合いや学校のこと、義理の実家のことなど旦那さんとはまた別にストレスが溜まる生活を送っていることでしょう。つい、愚痴を旦那さんに話したくなってしまうものです。

しかし仕事から帰ってきて疲れているのに、さらに奥さんの愚痴を聞いていたら…旦那さんのストレスは溜まる一方です。旦那さんも気持ちに余裕がないので話を適当に聞いたりすることもあるでしょう。そんな時ほど「私の話を聞いて。」「俺だって疲れているんだ。」とケンカになったりするものです。愚痴はなるべく言わないようにしましょう。

2.自分の意見を押し付ける。

旦那さんが話をしてきたら聞いてあげましょう。旦那さんの悩みや不安な気持ちを受け止めてあげるだけで良いんです。どんなに旦那さんが話したことに納得できなかったとしても自分の意見を押し付けてはいけません。旦那さんからすると「何も知らないくせに。」と思ってしまうのです。ああしてこうしてと言われることを望んでいません。ゆっくりじっくり話を聞いて認めてあげるようにしましょう。

3.部屋を片付けよう。

部屋が散らかっていると人は気持ちが落ち着かなくなってしまうものです。物がごちゃごちゃと置いてあると窮屈感や閉鎖感を感じて家でゆっくりとくつろぐことができません。なるべく部屋を片付けてスッキリとさせて置きましょう。

以上、疲れた旦那を癒やす妻だけの方法を紹介しました。いかがですか?旦那さんが最近疲れているなと感じる人はぜひ行動してみてください。旦那さんを癒やしてまた会社に送り出すことでお互いに日々頑張ることができますね。

スポンサーリンク

-夫婦生活