子供・教育・育児

父子家庭のお父さんが娘にしてあげられる事とは?父子家庭の特徴や悩みを知っておこう。

2018/09/27

父子家庭で娘を持つと、子育ての上でなかなか困ることもあるのではないでしょうか。

実は母子家庭である場合は両親が離婚したケースが多いのですが、父子家庭である場合は母親が先立ってしまったケースが多いと言われています。

そんな中、同性の親である母親を持たない娘は、生きていく上で悩むこともあるでしょう。そんな時、父子家庭の父親はどのように娘を助けることができるのでしょうか。ここでは、父子家庭の父親が娘に対して出来る事について紹介します。

とはいえケースバイケースの事も多く、ヒントやアイデアとして活用していただければと思います。


父子家庭において娘にしてあげたい事

頑張る父子家庭のお父さん

親戚の助けを得る

娘の写真を撮る父

もしも親戚が近くに住んでいるのであれば、遠慮なく助けを求めることも大切です。例えば、父子家庭の場合は父親は働かなければいけませんよね。一家の大黒柱としてもともと働いていた父親は、もしかしたら夜遅くまで残業をしなければいけない、週末も休日出勤をしなければいけない、などということが少なからずあるのではないでしょうか。

そんな時、学校を終えて家に帰ってきた娘に食事を作り、宿題の面倒を見て勉強をさせ、お風呂に入れて寝かしつける、という事はなかなか大変です。

だからこそ、そんなときには親戚の助けを得るようにしましょう。

例えば、もしも近くに実家があるのであれば、学校が終わった後は実家で面倒を見てもらい、夕食を食べさせてもらう、その後で父親が迎えに行って家に帰る、ということでも良いでしょう。また、同居するという覚悟で実家で暮らすという方法もあります。少なくとも実家で生活をすれば娘は1人きりにならなくて済みます。

少なからずおじいちゃんやおばあちゃんがそばにいますから、母親がいないという寂しさを紛らわすこともできるかもしれません。

近所の人の助けを借りる

父と息子と娘

もしも周りに助けを求めることができる親戚がいないという状態であれば、近所の人の助けを借りるということも大切です。近所ならば父子家庭ということがわかっていますから、可能な限り助けを得ることもできるでしょう。

確かに、自分の娘が他人の家に長時間いるというのは居心地が悪いかもしれませんし、なかなか頼みにくいかもしれません。そして確かに毎日のように何時間もお世話になるというわけにはいかないかもしれません。

しかし、どうしても夜遅くなる日だけ面倒を見てもらったり、少なくとも娘が無事でいるかどうか確認をしてもらったりすることが可能です。理解を示してくれる近所の人に助けを求め、娘が1人きりにならないように注意をする、娘の安全を保障するということも重要なのです。

家庭教師やベビーシッターを雇う

家庭教師と娘

家庭教師というと勉強教えてくれる人、というイメージがあるかもしれませんし、ベビーシッターと言えば娘は赤ちゃんではない、と思う人もいるかもしれません。しかし、娘が1人きりにならないようにするためには家庭教師やベビーシッターにあたる人を雇うということも大切です。

金銭的に可能であるならば、娘と一緒に夕食を作り、面倒を見てくれるような人を雇うことができると良いですよね。このような人は時給が1000円を超えることが多いですし、なかなか金銭的に難しいこともあるかもしれません。

しかし、1週間に1回でも良いですから、例えば女子大生などが娘の話し相手になってくれると心強いのではないでしょうか。母親がいない娘にとっては、女性の存在は大きな励みとなります。父親ではできないことを教えてくれるかもしれません。

また、進路については「進路が決められない娘におくるアドバイスと10のヒント」の記事も参考にしてみてください。

習い事などをさせる・趣味を作らせる

ピアノを習う娘

母親がいなくて寂しいという気持ちを紛らわせるためにも、そして家で1人きりにならなくて済むようにするためにも、習い事をさせるという事は非常に有効です。娘が趣味を持てば、それだけでも楽しみを持つことができるようになり、寂しい思いをする必要がなくなりますよね。

それはピアノでも英会話でもクラシックバレエでも何でも構いません。週に1回で良いですから、習い事にいかせてみましょう。もともと習い事をしているのであれば、その回数を増やしても良いでしょう。

何かしら夢中になれるものを探すことにより、自分の時間を有意義に使うことができるようになります。そしてその習い事で得た技術を生かすことができれば、将来的にも良い影響を与えてくれるでしょう。

「お手伝い」は存分にさせる、「家事」は親がやる

父子家庭となって立ちはだかる問題、家事。

子供が幼児の場合は選択肢はありませんが、子供が小学校以降になっていればいろいろと手伝ってもらえることが増えてきます。もちろん、教育のためにも「お手伝い」はどんどんしてもらいましょう。

しかし、はき違えてはいけないのは「家事」は親がやるものということです。お手伝いと家事の違いとは、「最終的な責任の負担」と考えてよいでしょう。

例えば、洗濯物を畳んだり、しまったりすることは「お手伝い」です。しかし、洗濯物を干すことを出勤、通学時間までに間に合わせるように逆算してスケジュールを組むことは「家事」です。

相手は子供です。洗濯というすべてを任せてしまうと、うっかり忘れていて洗濯物が干せない状況で出発時間を迎えてしまうこともあるでしょう。

その時に責めることは子供の自尊心を著しく傷つけます。もちろん責めないでいられれば一番ですが、生活に困ってしまえば子供本人が自分を責めてしまいます。子供が確実にできることだけを抽出して割り振るようにしましょう。

ホームステイなど外の世界を知ってもらう

夏休みや冬休みには、中学生や小学生を対象としたホームステイというものもあります。海外のお宅に1週間や2週間ホームステイをして、その国の文化を学ぶというシステムです。一般的には30人ほどで海外に行き、1人ずつ違うお宅にホームステイをさせてもらい、英語を勉強します。

週単位でホームステイに参加できるため、子供にとっても長期間家庭というものが経験できるようになります。母親が家にいない分、ホストマザーを持つことによって母親がいる生活がどのようなものなのか経験できますよね。

父子家庭という事は少なからず父親と兄弟だけ、という生活になりますが、ホームステイをすることによって家族が全員揃っているファミリーが経験できます。そしてホストファミリーと良い関係を築くことができれば、そのファミリーは本物の家族のような存在になります。

さらに現実的には、娘がホームステイをしている間は父親は娘のことを心配しなくてよくなりますよね。その間思いっきり仕事に集中することもできますし、自分のために時間を使うことも可能です。

父子家庭という事は父親は仕事をして子育てをしなければいけないという状態になりますから、子供が身近にいれば休む暇もないでしょう。でも娘がホームステイに行ってくれれば、その間は自分の時間を楽しむことが可能になります。父親ではあったとしてもリフレッシュは大切です。

自分に自信を持たせる

娘を励ます父

漠然とした内容ではありますが、母親がいないからこそ、娘が自信を持てるように子育てをするということも非常に大切です。親がいないという状態になってしまうと、例えば幼稚園や学校で母親参観等があった場合、どうしても寂しい思いをすることもあるでしょう。学校の同級生から母親がいないということをからかわれることもあるかもしれません。しかしそれではあまりにも寂しいですよね。

だからこそ、そんな時にも強い気持ちを持つことができるように、自分に自信を持たせられるような教育をすることが大切です。幼くして母親がいなくなってしまった場合、子供は少なからず苦労をするものです。そんな逆境を乗り越えることができる位、強い子供にしなければいけません。父子家庭において父親には負担かもしれませんが、子供を育てるという事は大切な仕事です。子供が自信のない大人にならないよう、自分に自信を持てるような大人に育てていかなければいけません。

職場でも親せきでもいい、頼れる女性の友人を作る

男親にはどうしてもしてあげられない細やかな気遣い。
そこをフォローするために、何かしら相談できる女性の人間関係は不可欠です。

例えば、生理用品や身だしなみ品の必要性。今の子供たちは発育が良く、小学校高学年にもなれば第二次性徴期を迎えます。平均では10歳程度ですが、肥満気味などで7歳から始まることもまれではないそうです。

その時に必要になってくるのが生理用品やその年代に合った下着など。男性目線では到底区別の付かない女の子下着ですが、年齢や体形により合う下着は全く異なってきます。スポーツをしていたり長時間学童に通うなどですと生理用品なども他とは違うものが必要です。

そのため、女性の友人にチェックしてもらうことは大変有効です。今は下着などもNETで購入することができますから、友人にリストなどを作ってもらい購入すると良いでしょう。

思春期に気持ちの逃げ場所を作ってあげる

できればその友人と、少し家族ぐるみの付き合いをしておくと、女の子は安心する場面があります。それは思春期などで、本人も分からない感情で父親と話すことが嫌になってしまうことがあるからです。

これはどんなに尽くしたとしても、ホルモンの分泌上避けられないことです。むしろ正しい成長の証拠ですから、喜ぶべきことと言えます。

しかし、特に体の成長のことや必要なものなどを言えずに本人が困ってしまうこともあります。

そのため、同性である女性の友人を介して、そういった情報を引き出すのです。もちろんそれは悟られると子供からの信頼を失うため、こちらで不足品を購入して、友人から渡してもらうなどの工夫が必要です。

性の雰囲気は封印する

親しくし、またいろいろと手助けをしてもらう女性の友人ですが、そのように助け合いを続けている間にお互いに恋愛感情が芽生えることは自然なことです。

しかし、こと女の子が思春期の間は性の問題にデリケートです。もしその女性が独身で、子供との関係もいいのでいっそ再婚する…というケースであればまだいいのですが、お付き合いをするというのはやめておきましょう。

女の子は敏感で繊細です。お母さんのように優しいおばさんが、女の顔を持っているということを感じてしまえば、傷つき嫌悪感を感じます。

お付き合いをしてしまえば、勘の鋭い女の子にばれない方法はありません。ひとまず距離はほどほどに置き、子供から手が離れた時にしっかりとお付き合いをするようにしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

娘がお金の管理をできるようにすることが父子家庭では重要

難しい子供のお金のこと。
こと、女の子は前述の生理用品や下着、またスキンケアや美容院など男親に頭が回らないところでお金がかかります。

そのため、ざっくりまとめてお小遣いをあげる、という方法がベターです。子供に大きくお金を預けることに不安はあると思いますが、いくつかのポイントを押さえて任せてみましょう。

月のお小遣いと生活費を合わせて渡す

お小遣いと生活費は異なります。お小遣いは楽しみのための費用、言い換えれば変動費です。

一方、生活費とは絶対にかかってくるお金。固定費と考えていいでしょう。

お小遣いは各家庭の方針で決めてよいと思いますが、問題は生活費。例えば、生理用品は月に1回必要ですし、校則でショートカットを定められているようなことがあれば美容院も月に1度行く必要があります。髪ゴムや肌ケア用品、ポケットティッシュなど、日々の消耗品もあります。

そこに、文房具代であったり衣服代であったりを年額で計算し、12割してお小遣いと合わせて毎月1回渡すようにします。

小学校高学年、つまり第二次性徴期が始まるころくらいからこの運用が可能になってきます。生理用品などは、いちいち男親に言って買ってもらうのも気が引けるもの。自分の財布から出せるとなればてらいなく買うことができます。

月1チェックは月半ば、膝を向き合わせて行う

しかし相手はまだまだ子供。固定費として渡しているはずのお金を、ついお小遣いとしてオヤツやおもちゃに使い込んでしまうこともあります。

それを防ぐため、月の半ばに生活費の方の残金確認を行うようにしましょう。

さらりと確認ではいけません。それでは、子供もごまかせると思ってごまかしてしまい、月末に必要なものが買えなくて困ることになるでしょう。

経理確認という認識を持ち、実際のお金を出して子供に数えさせるようにします。そして月末まで足りるかを考えさせ、足りない場合は翌月のお小遣いから補填します。

慣れるまではなかなか難しいですが、これは教育としても大変身になることです。あくまで管理の責任は親にありますが、お金の概念と使い方をしっかりと伝え、習い事のつもりで行ってください。

お小遣いの見直しは休日の買い物時にヒアリング

生活費を渡しているため、基本的には休日にスーパーなどに出かけたときは買わないようにします。

しかし、もし子供が生活用品を欲しそうにしているのであれば、それはお小遣い見直しのチャンスです。むやみに突き返すのではなく、ぜひ理由を聞きましょう。

もちろん、予算を組むのは親の仕事です。しかし子供の要望をプレゼンと見なし下記3種類に分類して判断します。

  1. 単なるわがまま、使い過ぎ
  2. 純粋に必要金額が足りていない
  3. 生活に潤いを与え、自尊心を養う用途

間食などを無計画に行うなど、1であればお小遣いを増やす必要はありません。むしろしっかり叱りましょう。

2はその場で買ってあげ、お小遣い額も増やしてあげます。不便な思いをさせたことへのフォローも必要です。
難しいのは3で、これは性格的にお小遣いにも近くはなりますがれっきとした生活費です。

例えば女の子は、シャンプーを別なものにしたいと考えている場合があります。

男性であれば最低限で、かつ清潔になればどんなものでいいと思いがちです。しかし女の子の体質に合う合わないがありします。また匂いが苦手で、シャンプーをするのが苦痛だからお父さんのものとは別なものが欲しいという希望を持つ女の子は決して少なくありません。

また、さらに難しいのは友達と生活レベルを合わせたいという気持ちです。

靴下やハンカチなど、一見どこのものでも良いと感じてしまいがちですが、年ごろの女の子たちには極めて明確な違いがあります。

最低金額の量販店で買えば3足1000円しない靴下でも、友達たちは1足500円のものを履いている。それと同じものが欲しいという希望です。

このパターンを一概に贅沢と切って捨てるわけにはいきません。もちろん、家計を考えて限度は親が決定すべきですが、男親の独断でそういった潤い、満足度を子供から奪ってしまうのは避けるべきです。

例えば、男性もたばこや靴、スマホやバイクなど、女性にはうかがい知れないこだわりを持っている場合は多いですね。

男性は自己完結型であり、自分の好みさえ反映されば良しと考えるのでしょうが、女性、特に思春期の女の子は他者の反応をこそむしろ気にします。

もちろん、他人の目だけを気にする大人になってもらっては困りますが、思春期特有のこの気持ちを押さえつけるだけではうまくいきません。きちんとヒアリングをしたうえで女性の友人にも相談し、その年齢にふさわしい身だしなみを整えられるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

父子家庭において娘の為に避けたほうが良いこと

父が自分1人で背負い込む。素直に「お父さんが」助けてもらう

父子家庭の場合、父親は様々な役割をこなさなければいけなくなります。しかし、絶対に自分1人で全てを背負い込もうとしてはいけません。

例えば、女の子の場合はいつか生理が来ますから、そのことも教えなければいけません。しかし、一般的な父親にとって娘に整理を教えるというのはなかなかの負担です。

それならば他の人に頼めばいいのです。例えば実家の母親がいるならば母親に教えてもらっても良いですし、妻の母親がいるならばそちらに頼んでも良いでしょう。物事には適切な人物というものがありますから、適切な人物にお願いするということが重要なのです。

さらに、仕事をしてしっかりとお金を稼ぎながら子供を育てるというのはなかなかな重労働になります。自分自身も休憩が必要ですし、リフレッシュをしなければ頑張れない、と感じてしまうこともあるでしょう。そのような時は娘を誰かに預けるという決断をすることも重要です。その決断は自分のためだけではなく、娘のためでもあるのです。

また、娘さんはいずれ結婚をする可能性も大いにあるでしょう。父子家庭に限定した事ではないですが、結婚における父と娘の関係も大切です。「娘が結婚することに対する父親の態度や意識」も参考になるかもしれません。

娘に八つ当たりをする

娘に八つ当たりする父

仕事や子育てで疲れてしまうと、どうしても八つ当たりをしてしまうこともあるのではないでしょうか。特に父親の場合、今までずっと家事は奥さんに任せきりだった、などという場合、自分で掃除や洗濯、料理などをしなければいけなくなるわけですから、大変な負担になります。

その上で残業をこなし、娘の勉強の面倒を見て、習い事に行かせ、ということをひとりで背負い込んでしまえば疲れ切って当然です。子供が幼ければ幼いほどその負担は重くなってしまうのです。

そんな時、子供に八つ当たりをしてはいけません。そんな時こそ本来は他の人の助けを得なければいけないのです。

しかし、助けを得ることができないという環境もあるかもしれません。だからといって子供に八つ当たりをしないようにしましょう。ちょっとしたことで子供を怒鳴ってしまったり、必要以上に落ち込んでしまったり、という事はとにかく不健康です。

父子家庭であるという事は娘の責任ではありません。むしろ、同性の親である母親がいないということで娘も大きな負担を追っているのです。そんな時に父親の八つ当たりの道具にされてしまったら娘は立ち直ることができません。

疲れた、これ以上できない、と思ったらまず誰かの助けを借りることを考えましょう。

子供を預けっぱなしにする

ipadで遊ぶ娘

どうしても子育てに疲れてしまったり、仕事が忙しくなってしまったりすると、子供の存在がわずらわしくなってしまうこともあるかもしれません。わずらわしくなかったとしても、子供のためにということで子供を実家に預けるなどすることもあるでしょう。

もしも子供が納得し、おじいちゃんやおばあちゃんの家に長期間お泊まりするということを楽しみにしているというのであれば問題はありません。

しかし、くれぐれも自分の都合だけで子供を預けっぱなしにしてしまったり、子供が「お父さんは自分のことを大事にしてくれていない」「お父さんは自分よりも仕事が大切なんだ」と思い込んでしまうような状況を作り出してはいけません。

それでなくても母親がいないという分、子供は寂しい思いをするでしょう。だからこそ、そこは父親がカバーしてあげなければいけないのです。

関連:パパと娘・パパと息子、一緒に遊べるお留守番のおすすめグッズや遊びとは?

PTAや冠婚葬祭、お中元や年賀状など公の場で頼らない

煩雑でめんどうな雑事、つい子供にPTAのプリントを渡してお金も持たせたり、おばあちゃんに電話をさせたりしてしまいそうになりますね。

しかし、これも大きく言えば「家事」。いかにしっかりした子供でも、小さな聞き間違いや書類不備などに対応することはできませんし、そのミスにより父親が困っているのを見れば自信を失ってしまうことになるでしょう。

もちろん、普段の生活の中で、行き来の約束をおばあちゃんとする、なんていうのはOKですしどんどんさせましょう。ミスをして許されることについては、むしろたくさん経験させるべきです。

まとめ:負担にならない父子家庭を作る

父子家庭であったとしても、娘にしてあげられる事はたくさんあります。確かに両親が揃っている家庭と比べればなかなかやってあげられないこともあるかもしれません。

しかし、だからこそ周りの人に協力を求めなければいけないのです。そしてもしも父子家庭の人から協力を求められたり、母子家庭の人から助けてほしいと言われたりした場合は快く承諾しましょう。

子供に我慢をさせてしまうんじゃないかと不安な父の子育て。

しかし、愛情を持ち、気の回らない部分は割り切ってお金や知人に頼むなどして補填していけば、子供はすくすくと育ってくれます。

親も完璧な人間ではありません。しかし、工夫をこらしていた気持ちは、感受性の強い女の子だからこそきっとわかってくれるはず。見栄を張らず、肩ひじ張らず、子育てを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

-子供・教育・育児