親子関係

娘が結婚することに対する父親の態度や意識

2018/09/27

自分が結婚して子供が生まれた時に感動は何時までも忘れることはないでしょう。
始めての子供が女の子であれば、なおさら可愛さひと潮ではないでしょうか。

片言でも言葉を話すことになるようになってから、ますますその可愛さが増していくことと思います。
そして、娘が幼稚園・小学校と進むにつれて、娘に対する思いは、とても深いことになります。

中学から高校に上がるになると、思春期となり難しい年頃で時には眩しく、時には少しの寂しさを覚えながら、娘の成長を静かに見守っています。
そして、大学や専門学校を経て就職。
やっと、社会人となりホッとしているところで、いつの間にか結婚の年頃になってしまいます。

一緒に暮らした20数年の年月があっという間の流れに感じてしまうことでしょう。
今度は、娘さんが自分と同じ親になる立場に近づいてくるのです。このようなことを繰り返して、自分達と同じ人生を送るのかもしれません。

しかし、娘が結婚することについて迷いがあったなら、親として人生の先輩としてアドバイスをしてあげることが出てくるでしょう。


結婚相手・彼氏のいる娘に対して

musumenokekkon

娘に対する思いには、父親と母親で違いがあります。

娘さんに彼氏がいたなら、父親は娘を取られたと思うことでしょう。
しかし、母親は娘の気持ちがよく理解できるはずです。その時に父親としてよりも男性として、自分の結婚の時のことを思い出して欲しいのです。奥様のご両親に結婚の許しを貰ったことを。

「お嬢さんを私に下さい。幸せにします。」月並みの言葉ですが、この言葉を聞い義父は、どんな思いがよぎったことでしょう。恐らく自分の娘を取られたという感じだと思います。

このようなことは、次の娘さんの時でも繰り返されるかもしれません。その時に娘さんが連れてきた彼氏を見て、内心、いい気はしないかもしれません。

しかし、決して反対する目で見てはなりません。
男性として見ることではなく、一人の人として人間性を見てあげて下さい。

「自分の娘が選んだ彼なので、間違いはない。」と思うことです。そうすることにより、娘さんが結婚することについて反対する気持ちが薄れてきます。

娘ももう立派な大人ということを理解することで

自分の父親が厳しい性格や娘に対する愛情が強ければ強い程、娘さんの結婚に対するプレッシャーは大きくなってきます。

「どんな人を彼氏として紹介しても、結局、反対されてしまう。」と悩むかもしれません。

これは娘さんの明るい将来の芽を摘んでしまうことになります。
このようなことにならないように、連れてくる彼氏を偏見的な目で見るのではなく、一旦は優しい目で見て受け止めてあげて欲しいのです。

そうすることによって、娘さんは気持ちが楽になり、彼氏との関係もますます良くなってきますし、父親に対する信頼度や安心感も増してきます。

父親が気付かないうちに、娘さんも立派な大人に成長しています。自分で自分の将来を真剣に真面目に本気で考える力も持っています。したがって、娘さんの彼氏も自分の考えて選んだ人のはすです。

決して、反対するのですはなく、「自分の娘が人を選べた。」と喜ぶべきと娘さんの成長を心から喜んであげて下さい。

そうすることで、”親に反対されるかもしれない”という不安から解放された娘さんの顔は、晴れ晴れとしているはずです。

結婚相手・彼氏のいない娘さんに対して

dokusinonna

20代後半、30代になってくると、次第に周りの人達が結婚していきます。娘さんも20代を過ぎて、30代になった時に結婚に焦ることもあるでしょう。

この時に父親として、どんなアドバイスや後押しをしてがえればいいのでしょうか。お見合いの場を設定したり、自分の職場や知人の中で、年齢的にも合う男性を詳細することもいいでしょう。

しかし、娘さんの人生のパートナーとなる男性を父親が探してくることやチャンスを作ることは簡単ですが、すぐに行動を起こすことは止めるべきです

それだと、娘さんが父親から自立することができないからです。

いくら30代になったからと言って、焦らせることはしないことです。
むしろ、じっくりと娘さんが自分の思いで彼氏を探そうとする努力を後押ししてあげることくらいでしょう。

そうすることによって、娘さんも自立することができますし、人生ノパートナーを自分で選んだことで、父親に対する関係も良好に保つことはできるのです。

もし、父親が選んだ男性と結婚したとしても、いつまでも”お父さんの選んだ彼”というレッテルが一生消えることはありません。
お見合いにしても、自ら望んで選んだことと思われることです。結婚を通して、娘さんの成長が大きく飛躍していくはずです。

キャリアウーマン的な娘さんへ

working

社会的には、女性の活躍する場が非常に多くなっています。ビジネスの世界では、キャリアウーマン的な人も増えています。

しかも、管理職や経営層に入り、社会的な地位を確立させている女性も少なくありません。

しかし、意外な点は男性に対して奥手なこと。
仕事上では、部下の男性とのコミュニケーションは問題ないのですが、いざ異性として男性を見た時に、何もできないという女性の人もいます。

もし、自分の娘さんが、このようなタイプの人であったなら、結婚を進めることは、難しいと思うかもしれませんしかし、この時はじっくりと時間を取って、娘さんと会話をして下さい。か彼女の考えの中に本当に”結婚”という考えがないのかと。

おそらく、きかっけがあれば、結婚をしたいと思うはずです、ただ、普通の女性と異なり、パートナーとなる男性とも、お互いの社会的な存在価値を認めあえる相手を探すことになるでしょう。

娘さん自身が、ある程度の社会的な地位と確立しているので、男性に求める条件や性格も厳しくもあり、高いレベルを求めている可能性も少なくありません。このようにしっかりとした娘さんは、一人の女性としても、社会人としても、しっかりとした考え方を持っているので、決して心配することはないでしょう。

結婚ができるかどうかは、娘さんの行動や考え方、そして”ご縁”があるかどうかです。

ただ、ここで大事なことは、「お父さんは、私の考えや気持ちを理解してくれている。」と思わせるだけでいいのです。

年齢的に結婚適齢期を過ぎているか羅と言って、決して結婚を焦らせることはしないことです。結婚相手を父親が探して紹介してしまうことは、娘さんの思いを無視することにもなりますし、親子間の関係にもヒビを入れてしまうことになりかねません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

普段から結婚相手・彼氏の存在を認めてあげること

areshi2

父親にとっては、自分の娘に変な虫がついていないかと、真剣に心配するものです。それだけ自分の娘は目に入れても痛くない心境です。

しかし、よく考えてください。

自分の結婚する時に、義父に対してどんな印象か与えたことかを。自分の結婚の時に相手のご両親から反対された経験を持っているんのであればなおさらのことです。

しかも、いつも彼氏を否定するような言動や行動は、娘さんとの関係にも障害が出てきますし、”うるさい父親”としか映らないようになってきます。

もし、父親として娘さんの環境に干渉し過ぎると、娘さん自身の精神的な整腸にも支障が出て来る可能性もあるです。このようなことから、決して反対しない、自分の価値観だけで彼氏を否定しない姿勢を持つことが大切です。

成人する前、中学や高校の感性が多感が時期に、娘さんに彼氏ができたとしても決して反対をしたり、強硬に2人の間に入らないことです。2人の世界に介入することは、娘さんと彼氏の関係を崩すことは当然ながら、親子間の信頼関係を崩すこともなるからです。

結婚を意識し始めた娘へ

kaershi

やっと彼氏ができて、結婚を意識し始めた時の娘さんは、その思いや報告は父親より母親とすることが多いはずです。

そして、その話は母親から父親へと伝わることになるでしょう。その時の娘さんに対する接し方に悩んでしまうものです。

「娘を取られてしまった。」と思う父親もいれは。「やっと一人前になるな。」と喜ぶ父親もいるでしょう。

どちらにしても、自分の手から巣立っていく娘を見て、ある種の寂しさを感じることは間違いありません。

しかし、大人への成長を心から喜ぶべきのです。
奥様から娘さんの結婚の話を聞いた後は、「おめでとう。」と娘さんに伝えることだと思います。
娘さんの成長を喜ぶことで、自分の結婚に対する不安やためらいが払拭させていきます。

結婚に悩む娘さんの環境を理解してあげること

「自分はどうして結婚できないのかしら?」
と悩む娘さんもいらっしゃいます。
仕事が面白いとか、運勢が悪い、ルックスがよくない等、色々なコンプレクスが積み重なり、結婚願望が強くなる反面、自信喪失になってしまいます。

このようなコンプレックスを持つ娘さんなら、それこそ、誰かを紹介して挙げることです。

父親として、娘の成長を考えてた時は、あまり理想的な方法ではないかもしれません。

しかし、このことは、結婚できる・できないという前に、人として自立して生きていくことができる自信を持たせることになります。

もし、あなたが紹介した男性と充実した時間を過ごすことができるようになれば、それは娘さんが人して魅力作りをしていけるキッカケにもなります。

自分に自信を持つことができるようになってから、女性としての魅力が増してきますし、これを境に結婚に対しても積極的になれることと思います。

一方で、結婚願望の強い女性であればある程、本来の自分の良さを自覚できすに空回りするケースも時々あります。

このような状態の娘さんがいる時は、決して焦らせることをさせてはなりません。
じっくりと自分の人生を着実に歩んでいけることをアドバイスして挙げると同時に、結婚はいつでも何歳でもできることを理解させてあげるのです。

そうすることで、娘さんは”結婚ありき”で失敗した結婚をすることはありません。
本当に幸せな結婚とすることはできるようになるでしょう。

父親としては、可愛い娘が自分の手から離れていくことは大変寂しいことですが、人としての成長を喜んであげることが大切です。

スポンサーリンク

-親子関係