パートナー・夫婦の変化

女性が結婚で後悔しない為に抑えておきたいポイント!妥協や比較など不毛な考えは捨て去ろう。

2018/09/27

女性にとって、結婚相手で生活環境や価値観は大きく変わるものです。

選ぶ男性を間違えると、後悔をしたり、時に取り返しがつかないと言うことにもなりかねません。結婚をする時期が若ければ若いほど、その時の勢いに任せてしまったり、相手の良い部分しか見えてこないという事もあるでしょう。

また、世間一般で言われている結婚適齢期を意識しすぎて、結婚を急いでしまったり、周りがどんどん結婚していくので、この辺で妥協してしまおうと言う安易な考えも出てくるかもしれません。

しかし、よく考えてみて下さい。結婚と言うのはその場のノリや勢いだけでするものではありません。相手との相性、価値観の問題、時には家と家との問題など、ノリや勢いだけでは済まされない状況や環境に置かれている場合もあるでしょう。

いずれにしても、結婚をするからには特に女性の場合は相手次第で大きく人生が左右される傾向にあるので、もし実の娘や妹といった近しい親族が結婚をしたいと思う相手が現れた場合に、これでけは親族として言って置きたい、教えてあげたいというアドバイスがあるのです。

今回は自分の大切な肉親である、女性が後悔しない結婚をする為に贈りたいアドバイスと、そのポイントについてまとめてみたいと思います。


女性が結婚を後悔しない為には将来を知ることから

女性が結婚を後悔しないために。

結婚の焦りは後悔へ繋がる。

意中の男性ができた場合は、適齢期の女性ならば当然結婚と言う事を視野に入れてくるでしょう。特に男性とご縁が好くなかったり、自分の方が相手に好意を寄せている場合はことさら、結婚方向へ話をまとめたいと女性は思いがちです。

しかし、結婚に焦る気持ちがある時点で、その結婚への考えは冷静ではありません。

結婚に対して焦る気持ちを感じ取った場合は、今一度、冷静になる期間を与える為に、少し相手との距離を測るようにアドバイスをする事が懸命です。

結婚相手の欠点を明確にしておく。

結婚相手の欠点

女性が結婚に対して焦りを感じている時は、男性に対して良い部分だけしか見えなくなりがちなのです。

女性は頭の中で空想を膨らませて、美化していく思考を持っているため、結婚したいと思う男性に対して、理想論ばかりを求めているので、きっと結婚したらこんな風にしてくれると、プラスのことばかりを描きがちです。

そんな風に身内が意中の男性の良いところだけをフューチャーしている場合は、相手の欠点を3つ紙に書かせてみましょう。

相手の悪い部分を知ることも結婚前にはとても重要なポイントなので、相手の欠点にも目を向けさせて、その事も含めて相手を愛することができるかを何度も確認してみましょう。

コミュニケーションを円滑にする上で言葉遣いも意識して接してみると相手の事が良く分かるでしょう。是非、下記ページも参考にしてみてください。

関連:夫婦関係を良くも悪くもする言葉づかい

価値観の違いを結婚前から意識付けさせる。

夫婦の価値観の違い

相手の欠点を書き出してみて、欠点を見つけて、それを理解させる事が出来たならば、次は価値観の違いを冷静に考えさせるように誘導しましょう。

相手の良い点だけ見て、長所だけを見つめている時は価値観の違いにも気がつきにくいと言われています。しかし、相手の欠点が見つかれば、自ずと価値観の違いも感じる事ができるのです。

価値観はいくら好きな人でも長く生活をしていても、交わることが少ないと言われているので、どんなに夫婦生活が上手くいったとしても価値観だけは同じにする事は難しいのです。

なので、結婚をしたいと思う相手の価値観を理解してあげる事が重要になるのです。

無限のベクトルを合わせをしていかないと、いずれ価値観の問題ではお互いが爆発の時を迎えます。そうならない為にも結婚相手となる人の価値観を知って理解してあげる事が大切なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最初からパーフェクトな結婚生活などは理想論だと言う事を理解しておく

新婚時代を抜けたら相手の生活習慣を受け入れる覚悟が必要。

新婚時代

新婚生活の甘い時はたいていの夫婦でも相手を尊重して、相手の良いところだけに目が向くものです。しかし、甘い生活はいつまでも続きません。

生活をする上でお金も使えば、ゴミも出る、時にはため息をついたり、愚痴も言うようになる、すると、途端に生活の中で相手の嫌な分が多様に見られる様になるのです。お付き合いをしている時点ではこんな事には癖など知らなかったという、相手も癖まで邪魔に感じる事もあるでしょう。

しかし、それは相手も同じだという事を自覚させましょう。

結婚をする上で大切なのは生活習慣の小さいな癖に目を瞑り、育ってきた環境などの違いを理解して、受け入れることになると言うことの自覚を持たせましょう。

生活の癖や習慣は皆、自分のやり方が正しいので、そこだけは理解する心を持たないと、その結婚に後悔する事に繋がります。

変化する心を教えよう。

燃えあがっている時はこの気持ちに変化などありえないと誰しもが言うでしょう。しかし、人間は生きていく限り変化する生き物なのです。

相手の本質や心の部分は変化しなくても、年月を重ねれば顔にシワも出てくれば、お腹も出てくるでしょう。フォルム的にも当然変化が出ますが、考え方も柔軟ではなくなります。

そんな10年後、20年後を想定して、相手を選んでいるかの確認作業も大切ですし、既に結婚をしてる場合は相手の親族を含めての関係も重要になってきますが、結婚は一対一でするものではありません。

核家族だと言われる様になってきた現代でも多少なりの親族同士のお付き合いもあるものです。相手の親族のことも自分の家族だと思って最初から接していないと、年齢を重ねてからは尚更踏み込んだお付き合いはしずらくなるものです。

最初に親族同士のお付き合いのマナーや基本などを教えてあげましょう。

女性の場合は基本、嫁いでいるケースが多いので、お嫁さんとしても可愛がってもらえる様に一歩下手に出るような態度やマナーを教えてあげることも重要なポイントになります。

何でも完璧に丁寧にする必要はない。

女性の場合は嫁がせるケースが多いので、完璧な主婦や母親や妻を演じてしまいがちですが、家事や育児や一般的に女性が嫁として必要にされる仕事を完璧にようにアドバイスをすると、大変重荷になってしまいがちです。
手を抜いたり、楽をしたり、効率を良くする人生の先輩としての知恵を伝授してあげることも時には大切になるのです。

結婚生活に置いて最初から完璧にできる人はいません。段々と自分のペースをつくり、やがてそれが自分流の家事や子育てや嫁よして妻としてのやり方となっていくのです。最初からスムーズにできる人は居ません。良い加減、良いペースを言うのを掴むには時間が必要だという事を教えてあげましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

結婚生活へ向けての失敗しない為の言動や行動。

家は家、よそはよそと言う意識付けが大切。

結婚スタイル

結婚生活で大切な事は、自分は人と比べて恵まれていない、不幸せだと感じる瞬間に女性はとても惨めさを感じてしまったり、この結婚は間違っていたと思いがちになる傾向があるのです。

女性の場合は特に隣の芝生が良く見える性質にあるので、友人との旦那さんや他所の家庭生活との比較をしがちなのです。

人の生活は良く見えましが、実はそれなりにどの家庭にも悩みがあったり、苦労は多少なりともあるものです。

結婚前から、隣の芝生は良く見えるものだと言う意識付けをさせてあげていると、結婚後も他人の家庭と自分の家庭を比べたり、人と自分と比較しなくなります。

他人を羨む傾向にある人は自分が愛されている事を自覚していない人に見られる傾向にあると言われています。

そんな風になる前に、あなたは唯一無二の存在でとても家族から大切に思われて、愛されている人なんだと言う認識を持てあげましょう。そんなアドバイスを贈っていれば、人の家庭などを羨んだり、人を自分を比較しないでしょう。

パートナーと元彼の比較は不毛。

元彼との思い出

若い責任がない頃にお付き合いをしていた、男性に対してはいつまでも淡い思い出があるものです。結婚生活をしていると、どうしても若かりし頃にお付き合いをしていた男性を思い出したり、現在のパートナーと比較する心を持ちがちです。

しかし、それは決して口に出してはいけない事を良く理解させましょう。ケンカの勢いで言ってしまう言葉にしても、元彼氏との比較は相手を深く傷つける要因に間違えなくなるのです。

若かりし頃にお付き合いをしていた男性は良く見える幻みたいなものなんだと伝えおいてあげましょう。するっと口に出してしまった元彼との比較に大きな後悔をする様になる前に。

常に一緒の成長して考える意識を持たせる。

結婚前には想定していなかったことが結婚生活の中では起きてくる場合があります。パートナーが他の人に気持ちを奪われる事があったり、病気になることもあるかも知れません。

また仕事面で独身時代とは多く変化したり、収入のことでも変化があるかも知れません。しかし、起きてしまった現状に不満を持ち、泣いて文句を言って怒っていても、現状が良くはなりません。

そんな緊急事態が起きた時にこそ、パートナーと一緒の知恵を出す時だということを押しえておきましょう。人間は混乱すると良い意見を出すことができません。まずは一旦問題を冷静になって見つめて、その問題のことについて、話し合いをすることを勧めましょう。

普段から話し合う習慣がないと、緊急事態には尚更会話は成立しないので、新婚当初から1日数分でも良いので、夫婦で話し合う習慣を持つことのアドバイスは人生の先輩としてとても重要です。

万国共通、話し合いの少ない夫婦に信頼関係は生まれません。常に信頼を深めるためには相手を知ること、理解してあげること、相手を信じることが必要です。相手を理解して認めるためには会話や普段のコミュケーションがとても大切となるのです。

---

結婚に後悔をしない為のポイントを簡単にですがまとめてみました。

女性にとって結婚相手で人生が大きく変わります。また離婚も一般的になってきていますが、一度した結婚は添い遂げるのが理想的です。多くの女性が後悔がない結婚生活を送れることを願っております。

あらかじめ、離婚に至る原因なども知っておくと役に立つだもしれませんね。

関連:離婚の原因トップ10。夫、妻からそれぞれ見た時の理由を知っておこう。

スポンサーリンク

-パートナー・夫婦の変化