「喧嘩・トラブル・アクシデント」 一覧

親に婿入りを反対されたらどうする?

親に婿入りを反対されたときの解決法

ここでは実際に私が経験したことを元に、結婚自体には反対ではないが婿入りすることに了解を得られなかった場合の解決法をご紹介したいと思います。 親に婿入りに反対された 私は3人兄弟の長男ですが、当時付き合 ...

虐待されているかも

もしかして虐待かも?ご近所のしつけ方法に疑問をもったときの対処法

夫の転勤にともない新しいエリアに引っ越してきたとき、もしくはずっと住んでいるマンションに新しいご近所さんがお引っ越ししてきたとき、近隣の生活音や声はとくに気になるものです。 とくに最近社会問題化されて ...

ママ友金銭トラブル

ママ友にお金を貸したら返ってこないトラブル発生。その原因と対処法とは

ママ友にお金を貸す。こういった事は金額が少ないものであれば結構頻繁に起きるという人も多いはずです。しかし、金額が少ないと言っても2,3千円くらいまでは、付き合いを壊したくないという思いで貸してしまうと ...

kazokunokaiwa

すれ違い家族はコミュニケーション不足に注意しよう

どんな人でもコミュニケーションが必要です。会話があることで、相手の気持ちも理解できますし、自分の思いも伝えることができます。 しかし、大事なコミュニケーションを取るべき相手がいるにもかかわらず、それか ...

date1

浮気性の夫を持つ妻が取るべき対応とは?浮気を繰り返す夫への対処法

浮気性の夫を持つ妻は、精神的に不安定になりがちです。夫の言葉を信じてみようと思っても、いつまた浮気をするのかと疑心暗鬼になってしまいますよね。 もう二度と浮気はしないと言いつつ、浮気を繰り返す夫。そん ...

kinrintora

近隣トラブルを未然に予防する方法

お隣から毎日聞こえるテレビの音がうるさくて・・・ ご近所の○○さんの息子のバイクのエンジン音が不快で・・・ ペットを飼っている向かいの家から動物の糞尿の臭いがする・・・ このようなご経験、皆様にはあり ...

moraharaotto

モラハラ夫の典型的な6つの特徴と知っておくべき対処法

妻と上手くいっていないと感じている男性は多いかもしれません。 ここでポイントなのが「自分は何も悪いことをしていないのに上手くいっていない」と感じている男性が多い点です。自分自身では「良い夫」であると思 ...

pet1

ペットのいる家庭での夫婦問題とペットがいることのメリット

夫婦でペットを飼う決断を下す人は大勢います。犬や猫などは比較的長生きするために、一度飼いだすと子どものような存在となり、愛着が湧いてきます。 そして実際のところペットが夫婦に及ぼす影響は非常に大きく、 ...

hysterical1

妻・旦那のヒステリックの直し方。ヒステリックの原因や家庭への影響、改善方法を知ろう!

「どうしたんだろう?」と周りの人が驚くほど急に怒り出す人がいます。 このような症状のことは俗にヒステリックと呼ばれています。 もしかするとこうした人に対して「すぐに怒り出す短気な人」とか「周りのことを ...

mana1

嫁(旦那)の食事マナーが悪い

結婚する前には気にならなかった配偶者の食事マナーが、最近やけに気になるという人がおられるはずです。恐らくお付き合いしているときは恋人同士という関係であったために、「他人には失礼なことはいえない」という ...

3

夫婦関係を良くも悪くもする言葉づかい

言葉づかいが与える影響というものは想像以上に大きいことが分かっています。 たとえばとあるバスケットボールチームの監督がコートを走り回る選手に対して「スピードが遅い」といって選手を激励するよりも、「もっ ...

1

子供の前で夫婦喧嘩をすることのメリット・デメリット

どんなに小さな子供であっても、親の影響を必ず受けます。そのため親は子供の年齢に関わらず、この点を常に思いに留めて生活していかなければなりません。 しかし完璧な親などいません。必ず誰にでも欠点や弱点があ ...

photo1

婚前契約書とは?その効力は?

最近、「婚前契約書」という言葉を耳にする機会が増えました。「婚前契約書」とは結婚生活における様々なトラブルを回避するために、夫婦の間での決まりを設ける契約書のことです。 具体的にどのような決め事が設け ...

suimin1

夫婦で一緒にぐっすり眠るなら!睡眠方法やいびき対策

夫婦で一緒に眠っている人はどれくらいいるでしょうか?ある快眠セラピストの方がとったアンケートによると一緒の布団で眠っていると言う夫婦は約54%もいることがわかりました。 しかし一緒に眠っている夫婦に聞 ...

rikon2

離婚の原因トップ10。夫、妻からそれぞれ見た時の理由を知っておこう。

離婚の件数は年々増加傾向にあり、1970年の離婚件数は9万5,000組だったのに対し、2013年では23万組まで増加しています。なんと3組に1組は離婚をしているということになるのです!昔は離婚をする人 ...